トレンド顔もいい女風も簡単!なりたい印象別「眉毛の描き方」

 

mayuge004

おはようございます!キレイナビ代表・美容家の飯塚美香です。

顔のパーツの中で最も印象を左右すると言えるのが、眉毛です。メイクをする時にアイブロウが上手に描けると気分がいいですよね。今回はなりたい印象別の眉毛の描き方をご紹介します。

カジュアルな印象には「ストレート眉」

mayuge001

最近のトレンドはやや太めのストレート眉。少し前の極太ハンサム眉よりも、太さを控えめにして、優しい色合いにするのがおすすめです。いつものメイクでも眉毛をストレートにするだけで、一気にトレンド感を演出できます。カジュアルなファッションにもよく似合う眉です。

ストレート眉を作るポイントは、眉頭から眉尻までカーブを付けずに一直線に描くこと。眉山の下に毛がない場合は毛を生やすかのように、アイブロウペンシルを使って埋めていきます。

ペンシルで描きにくい時はリキッドアイブロウが便利です。仕上げには明るめの色のアイブロウパウダーで、柔らかい雰囲気に。

mayuge006

フェミニンな印象には「アーチ眉」

mayuge002

ストレート眉よりも女性らしくフェミニンな印象に仕上げたい場合はアーチ眉がおすすめ。キュートでかわいらしいファッションによく似合います。

アーチ眉を作るポイントは、目の形に沿って丸を意識して描くこと。ストレート眉とは違い、眉山の下は埋めないようにします。今のトレンドは太めなので、アーチ眉もやや太さを出すと良いでしょう。ペンシルを使わずにアイブロウパウダーだけで形を作ると、優しい印象に仕上がります。

カッコいい印象には「コーナー眉」

mayuge003

カッコよく、できる女風、いい女風の印象に仕上がるのがコーナー眉。ビジネスシーンでのスーツ姿やパーティードレスなどに似合います。

コーナー眉を作るポイントは、眉山に角を作ること。アーチ眉は丸を意識しますが、コーナー眉は角を意識して描きます。アイブロウペンシルかリキッドアイブロウではっきりと形を取るようにします。

角を作り過ぎるとキツい印象になりますので、鏡を見ながら調整して描きましょう。眉山と眉尻に少し長さを出すとエレガントに。

アイブロウパウダーでニュアンス作り

mayuge005

眉を作る時にアイブロウペンシルだけを使うと、いかにも描いています!という眉毛になってしまう場合があります。また、立体感がなくのっぺりとした平面的な顔にやりがち。おすすめはアイブロウパウダーで仕上げて眉毛にニュアンスを出すこと。

濃淡2色以上のアイブロウパウダーを使い、眉尻は一番濃い色、真ん中は中間色、眉頭は一番薄い色を重ねます。中間色は濃い色と薄い色を混ぜ合わせれば簡単に作れます。眉毛に立体感が生まれ、正面顔だけでなく横顔もキレイに見えますよ。

朝起きたら、その日のファッションや予定に合わせて眉毛をチェンジ!アイブロウパウダーにアイシャドウを重ねるのもおすすめ。カジュアルな日は赤やオレンジを、エレガントな日はパープルのアイシャドウを使うと雰囲気が出ます。試してみてくださいね。

(※編集部よりお知らせ)
5/20(土)に飯塚美香さんが運営する美容コミュニティサイト「キレイナビ」主催のアイメイクレッスンが新宿で開催されます!眉メイクが苦手…という方、参加してみては?【5/20(土)@新宿】眉毛を描くのも楽しくなる!魅了UP★アイメイクレッスンhttp://kirei-navi.jp/wp/?p=10517

☆この連載は<毎週火曜日>に更新します。来週もどうぞお楽しみに…!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝のビューティー習慣123♪

スキンケア術やメイクなど、朝からキレイを磨くための習慣
Written by

美容家 飯塚美香

有限会社アイアール代表取締役。美容コミュニティサイト「キレイナビ」を運営する他、長年のインターネットと美容の知識を生かし美容ライターとしても活躍。ポータルサイトでの美容コラム執筆、美容関連サイトの監修やライター講師などを担当する。日本ダイエット健康協会認定インストラクター等の資格を生かし、外側だけでなく体の中からの健康的な美しさを追求する。ダイエットの講師を務める他、全国各地で美容イベントを開催。

連載記事一覧

ヘルス&ビューティーの人気ランキング