意外と大切w「トイレをお借りしてもいいですか?」

 

おはようございます♬
今朝はいつものカフェのでの一コマ。

シアトルはLGBTフレンドリーな街として
全米でも有数なわけですが
※LGBT=レズビアン・ゲイ・バイセクシャル・トランスジェンダー※
昨年から徐々に公共の建物にあるトイレの
『男女区別を撤廃する』試みが始まっています。

may i use the restroom

 

 

 

 

 

 

 

こんな感じで『ALL-GENDER RESTROOM』と
男性・女性の性別を指示せず、2つの「カテゴリー」どちらであっても
またそのどちらでなくても利用できますといった形になっていたり

男女の区別なく、同じスペースにトイレが並んでいたり
(もちろん個室が並んでいる、という意味ですw)。

こんな風に、自分の性に合わせた試みが
いろんなところに溢れているので
他の街と比べて過ごしやすい、というのがシアトルなんです。

 

と、いうことで今朝もお役立ちフレーズをいくつか。

例えばトイレに行きたい(借りたい)とき
学校では「〜してもいいですか?」をMay I 〜?と習ったと思いますが
実はこのMay I 〜?意外とトリッキーなので使い方に注意が必要です。

May I 〜?は相手に判断を委ねるときに使うイメージ。
例えば子供がおねだりするとき
また、へりくだった印象があるので
店員さんや受付の方が使います。
May I help you?=なにかお手伝いできることはありますか?

だから、トイレに行きたいのは「自分が行く必要がある」のであって
相手に判断を任せる必要はありません。
トイレをお借りしてもいいですか?
Can I use your bathroom?(個人宅などで)
Can I use the restroom?(レストランなどで)

でも例えば屋外でタバコが吸いたいとき
周囲の人に許可を得たいとき(昔こんなCMありましたね)は
May I smoke?=タバコを吸ってもいいですか?
と、May I 〜?を使います。

こんな感じで
『相手の意思に自分の行動が委ねられているとき』はMay I
『自分の意思に許可を得たいとき』はCan I
こんなイメージを持っているといいのかもしれません。

と、なんだか朝時間.jpらしくないような今朝の記事。
そろそろお開きにしたいと思います。

みなさま、どうぞSweetな1日を♡

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

世界の朝の人気ランキング