年末は「冷蔵庫」を見直そう!料理が楽になる3ステップの片づけ術

 

おはようございます。整理収納アドバイザーのゆりんごです♪

突然ですが、冷蔵庫の中身、すべて言えますか?

ないと思って買い物してきても、あれ!まだあった!なんてこと。こんなところにこんなものが眠ってた!なんてこと。あーあ、もう賞味期限が切れちゃってる〜・・・なんてこと。

そんな「なんてこと〜!」がよくある方は、冷蔵庫が片づいていない証拠です!きっと、朝ごはん作りをはじめ、お料理に時間がかかってしまうのではないですか?

せっかくなら、今年の年末までに、冷蔵庫をまるごと片づけてしまうことをおすすめします!

【STEP1】 冷蔵庫の中身を全部出す!

これは片づけのキホン、「全出し」です。

どのスペースを片づけるにしても、まずは必ず全てのモノを出してください。食べものなので、テーブルを利用するか、きれいなシートを広げて一気に出し切りましょう!

7fe798ace816ad941738d43f27803c86_s

【STEP2】 「食べる」と「食べない」に分ける

次に、仕分けです。

まずこの時点で、賞味期限が切れているものは、潔く捨ててしまいましょう!

(自己判断にお任せしますが、もったいないからと思って食べたとしても、お腹を壊してしまっては、病院代がかかってしまうので逆にもったいないです!)

食べるものは残し、食べないと判断したものは処分してしまいます。

(食べるかも?というものは、たとえしまいこんだとしても、結局賞味期限を迎えてしまう運命なので、その場合は「すぐに食べる」ようにしましょう!)

【STEP3】 「食べるとき」・「使うとき」を考えてしまう

食べるものだけに厳選した後は、「食べるとき」と「使うとき」を考えて、しまっていきます。

例えば、

  • 前回の記事(>> https://asajikan.jp/article/113859)でもご紹介したように、朝ごはんセットなどのグルーピングごとにしまう方法
  • 生鮮食品・乳製品・卵・飲料などの、アイテムごとにしまう方法
  • 今日の晩ごはん・明日の朝ごはんなど、使うシーンごとに分けてしまう方法

などがあります。

3e2fc63090c933399121a06a36a631d1_s

特に、朝ごはん作りのシーンを考えてしまう方法としては、前日の夜に、次の日の朝に食べるメニューのカットなどの下準備を済ませてしまっておくと、朝はサッと作れて便利です♪

さらに…食べ忘れ防止には「すぐ食べるコーナー」を!

賞味期限が近いものや食べ忘れがちな食材は、ケースにひとまとめにして、「すぐ食べる!」や「eat me!」のラベルを貼って、目のつきやすいところにしまいましょう!

わかりやすくしておけば、食べ忘れて腐らせてしまう…なんてことが防げます♪

大切なのは、「食べ忘れない」・「使い忘れない」こと!

冷蔵庫が片づいていると、スッキリしていて気持ちいいし、時短にもつながります。

朝ごはんだって楽チンに作れるし、さらにうれしいメリットとしては、食材を無駄にしないので食費の削減までできてしまうのです!

食費をおさえる事ができれば、その分で朝のごほうびまで買えちゃいますね☆

ぜひ、年末は、3ステップの片づけ術で、冷蔵庫をすっきり変身させてくださいね!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

片づけで叶える、にこにこらいふな朝時間

整理収納アドバイザーが教えてくれる、片づけテクやハッピーな朝時間のヒント♪
Written by

ゆりんご

住まいるLAB.代表

住まいコーディネーターとして 不動産賃貸売買仲介&整理収納アドバイザーをしています。1987年生まれ。札幌市在住。2児の母。宅地建物取引士 / 整理収納アドバイザーです。
住まいに住まう人たちみんなが、 毎日笑顔(=スマイル)で過ごせる空間づくりのお手伝いをしています。

「住まいるLAB.」:smile-lab.strikingly.com/
Instagram:www.instagram.com/yuringo717/

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング