”1日2食”だから欲張りたい!朝ごはんのお皿選びから始まる私の朝時間

 
朝を楽しむ「朝美人アンバサダー」のみなさんに、「お気に入りの朝の過ごし方」を教えていただく連載です!

おはようございます。朝美人アンバサダーのつかだです。

普段は、うつわや暮らしの道具を扱う雑貨店のスタッフとして働いています。

うつわと、食べること・作ることが好きで、Instagramで日々の朝ごはんを投稿するのが日課になっています。

そんな私のお気に入りの朝時間は、「うつわ選びから始まる朝ごはんの時間」です。

1

結婚して、生活リズムや勤務時間が変化したことがきっかけで食生活を見直して、食事は朝と夜の1日2食。(もちろん、おやつもいただきます。)

その分、慌ただしい朝だって、食事をしっかり楽しみたいし、うつわだって愛でたい。

でも、何から何まで一から作るもの面倒だし、洗い物も億劫だな…という、欲張りかつ怠け心から、常備菜や作り置きおかずを中心に、ワンプレートごはんを作るようになりました。

2

我が家は、夫は平日は朝ごはんを食べない派。なので、平日は、100%自分のために朝ごはんを作ります。

朝起きてから、掃除や洗濯、朝の家事を終えたら、うきうきと食器棚に向かいます。

このうつわで食べたい!と、その日の気分でうつわを選んだり、このおかずにはこのうつわが似合うかな?と、献立によってうつわを決めたりしています。

3

普段のワンプレートごはんに愛用しているうつわたちの一部です。

陶器市や作家さんの個展、旅先で記念にと購入したり、自分で金継ぎしたうつわなど、どれも思い入れのあるものばかり。少しずつ、自分のお気に入りのものが集まってきました。

メインのうつわを選んだら、一緒に使う箸置きや豆皿などを選びます。しっくりと馴染む組み合わせを発見できた時は、小躍りしたくなるくらい嬉しくなるんです。

4

時々、お皿だけでなく、木の板も盛り付けに使います。箸置きにディップソースをだしたり、豆皿を箸置きとして使ってみたり。

うつわや小物でほんの少し遊ぶことで、いつものおかずが、少し違う表情に見えることも楽しみのひとつ。

5

週末、夫とふたりで一緒に食べる朝ごはんでは、 普段とは違ったうつわや道具の使い方を楽しんでいます。

わたしにとって、食器棚の前に立ってお気に入りのうつわや道具を選ぶ時間、お料理を盛りつける時間、そして朝ごはんをいただく時間は、一日のはじまりのスイッチ。

今日もうきうきとうつわを選んで、もりもり食べて、充実した一日になりますように!

今回ご紹介してくれた朝美人アンバサダーさん

58

つかださん(主婦・雑貨屋スタッフ)

手仕事の道具やうつわ、料理、食べることが好き。昔ながらの保存食や、季節折々の家仕事に興味があり、現在、うつわなど暮らしの道具を扱う雑貨屋さんでパート勤務をしています。趣味は、金継ぎ、お菓子作り。休日は、おうちでのんびり過ごしたり、雑貨屋さん巡り・展示会などに遊びに行って過ごしています。

■Instagram:@tukadakk

朝美人アンバサダー2016のみなさん

2016-05-30_181902朝美人アンバサダー2016のみなさんのプロフィールはこちら
>>(https://asajikan.jp/ambassador_2016)

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝美人アンバサダー「お気に入りの朝の過ごし方」

朝美人アンバサダーさんによるリレーコラム
Written by

朝美人アンバサダー

朝って、いいな♪」を合言葉に、朝の過ごし方や楽しみ方を発信してくれている、公式「朝美人アンバサダー」のみなさん。「お気に入りの朝の過ごし方」は、人によってそれぞれ。気になるアンバサダーの方がいたら、ぜひブログやSNSもチェックしてみてください。プロフィール一覧はこちら

連載記事一覧

朝美人スタイルの人気ランキング