BLOG

まるで、読むプラネタリウム写真集!夜空と月にまつわる28の物語

今日のカフェボンボンの本棚は、『夜空と月の物語』

世界各国の月のある美しい風景と月にまつわる言い伝えや昔話を紹介した本。『夜空と星の物語』のシリーズ第2弾です。月の物語とともにロマンチックな夜をお過ごしください。

20160914b
夜空と月の物語
著者:日本星景写真協会/ピーピーエス通信社
出版社: パイ インターナショナル

昼と夜の境い目はちょっと宙ぶらりんの不思議な時間。夕暮れ時はものがなしいのに、一番星を見つけると嬉しくなる。月の出を待って何度も空を見上げます。

ギリシアの神殿、イギリスの湖水地方、イタリアの島、アルゼンチンのイグアスの滝、シベリアのトナカイの群れ。月に照らされた風景はこのうえなく幻想的。遠い昔、世界のさまざまな場所で生まれた物語が、月の光景をよりファンタジックに見せるのかもしれません。

ドイツには「月の中にいる巨人が水をまいているときは満ち潮、休んでいるときは引き潮になる」という言い伝えがあるそうです。月にはカエルの妹がいたというのはカナダの話。月は不規則な生活で体重が増えたり減ったりしている。これはオーストラリアのアボリジニに伝わる言い伝えです。奇想天外で愉快ですね!

今年の中秋の名月は9月15日。満月の2日前にあたります。各国の月の物語に想いを馳せつつ眺める月、あしたの晩は美しい月が見られるでしょうか。ほんの少し欠けた月を眺めるのもオツなものです。

夜空や月にまつわる本、こちらもぜひどうぞ。
『夜空と星の物語』
『世界でいちばん素敵な夜空の教室』
『月と暮らす。月を知り、月のリズムで』

Love, まっこリ〜ナ

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』はこちら>>

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』

公式ブログ
小説から絵本まで、編集者が選ぶ”朝読書”におすすめの1冊
Written by

まっこリ〜ナ

編集者・ライター

出版社勤務を経てフリーランスに。図鑑や写真集、子どもの本や雑誌などの編集に携わる。本がくれる愛のチカラを糧に生きる日々。いちばん好きな本の主人公は長くつ下のピッピ。
趣味は草花園芸、編み物、ランニング、スポーツ観戦。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング