フライパンで簡単!「焼きとうもろこし」のお弁当

 

みなさま、おはようございます!

忙しい女子のみなさまのためのお弁当の連載!第58回目は「焼きとうもろこし」のお弁当をご紹介します。

皆が大好きな、しょうゆの香りがたまらない焼きとうもろこし。これからの季節は、お弁当に入れると、しっかり隙間も埋めてくれるので便利ですよね。

今日は、

1) 一番簡単なとうもろこしの茹で方 & レンジ加熱で火を通す方法。

2) フライパンで香ばしい焼き目をつける方法

をお伝えします。旬のとうもろこし!よかったら作ってみてくださいね。

しょうゆの香りがたまらない「焼きとうもろこし」のお弁当

とうもろこしアップ

(材料)作りやすい分量

  • ゆでとうもろこし 1本
  • しょうゆ 小さじ1
  • みりん 小さじ1

(作り方)

1)茹でたとうもろこし(茹で方は下記参照)は、小さなフライパンに入るよう、半分に切る。

2) フライパンに、しょうゆとみりん、ゆでとうもろこしを入れて、全体にからめながら強めの中火で熱する。

※熱したフライパンにしょうゆとみりんを入れると、すぐに蒸発して焦げるため、冷たい状態からスタートすると安心。とうもろこしにしっかりからめながら加熱するとよい。

レシピ2

3) とうもろこしがたれを吸ったら、そのまま転がしながら、香ばしく焼く。こんがりと焦げ目がつくと美味しい。

レシピ3

4) 取り出して冷まし、お好みの大きさに切る。

とうもろこしの茹で方

1) フライパンで茹でる方法

とうもろこしは、乾燥しないよう、茹でる直前に皮をむいてひげ根をとる。フライパンに並べて半分つかるくらいに水を入れて強火にかける。

沸騰したら蓋をして2分。ひっくりかえして蓋をして2分加熱。取り出してラップに包んで余熱で火を通しつつ、表面が乾燥しないようにラップをしたまま冷ます。

※とうもろこしは長いので、フライパンで茹でるのが便利です。色々な茹で方がありますが、茹で水が少なく短時間で茹でることができます。また今回は焼きとうもろこしにしてまわりに味をつけるので、塩は使っていません。

2) レンジで加熱する方法

とうもろこしは、乾燥しないよう、茹でる直前に皮をむいてひげ根をとる。ラップに全体を包んで、電子レンジ600Wで5分加熱。ラップをしたまま冷ます

*****

夏至が過ぎ、もう夏ですね。とうもろこし、ズッキーニ、ミニトマト。夏野菜が美味しい季節。

2534ab39662b8fcf96d9e0b1406

こちらは、娘の塾弁当。前日の晩ごはんのミートローフ風をカットしてゆで卵をサンド。カレーソース。

マッシュポテト焼き、焼きとうもろこし、ズッキーニのソテー、ミニトマト。黒米ともち麦ごはん。さくらんぼ。

とうもろこしがあると、お弁当が元気色になりますね^^ 今週も元気にお弁当作り楽しみましょう~♪

↓毎日のごはんやテーブルコーディネート等を記録しています。よかったら遊びにお越しください。

かめ代のおうちでごはん。 http://kameyogohan.blog.jp/

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

忙し女子でも作れる!簡単お弁当レッスン

手間はかからずに、手軽に栄養のとれるおいしいお弁当の作り方&レシピ
Written by

料理家 かめ代。

料理家。長年高校生に家庭科を教えていた経験から作りやすくわかりやすいレシピが人気。家庭の優しい味付けに「安心してつくれる」というファンが多い。著書に「お弁当は野菜のおかず作りから」「忙し女子のための料理上手になるらくちん弁当」(イカロス出版)他多数。
ブログ「かめ代のおうちでごはん。

連載記事一覧

朝ごはんの人気ランキング