おはようございます♬

日本では恵方巻の話題がネット上を賑わせていましたが
アメリカでは「グランドホッグデー」が話題になっていました。

グランドホッグデー

日本では聞いたこともないお祭り。

朝からみんながニュースに釘付けなのも手伝って
テレビを観ていると…

ビーバーみたいな動物が
シルクハットのおじさんたちに抱きかかえられ

groundhog_day_1

 

 

 

みんなとっても嬉しそうO(≧∇≦)O

どうやらアメリカやカナダの各地では
このビーバーみたいな”グランドホッグ”(リスの仲間)を使って

春の訪れを占う』風習があるようです。

「グラウンドホッグは2月2日に冬眠から覚めるて
外に出て自分の影を見ると、驚いて巣穴に戻ってしまう」
という言い伝えから

★影を見て驚き、冬眠していた巣穴に戻ると
冬はあと6週間は続く

★影を見ないで、そのまま外へ出ると
春は間近に迫っている

と予想されるそう。

TVに出ていたのは全米一有名なグランドホック♪
ペンシルベニアのフィルくん。

朝7時半の彼の登場時、会場はすでに大興奮。

普段からフィルくんの面倒を見ている
パンクサトーニー・グラウンドホッグ・クラブの会長が
彼を抱きかかえグラウンドホッグ語で会話。

↑ ↑ このなんとも眉唾な感じが…ニヤーリ♡(´^ิ∀^ิ`*)

ともあれ結果は「アメリカの冬はあと6週間続く」とのこと。

やれやれ、ただでさえ雨の多いここシアトル。
春の訪れはまだまだ先になりそうです(ノД`)・゜・。

でも、なんだか
シルクハットではしゃぐおちゃめなオジサマと
されるがままのフィルくんに心癒されたので結果(^O^)/です。

みなさまも、どうぞSweetな1日を♪

詳しいニュースはWashington Postよりどうぞ。

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

世界の朝の人気ランキング