BLOG

ホノルルマラソン行ってきまーす!

 

s-IMG_0060

12日に開催される、ホノルルマラソンに行ってきます!

去年に引き続き、2度目の挑戦です。

写真はダイヤモンドヘッドから昇る朝陽。去年ホテルから撮りました。お月様とのコントラストも絶妙で、1ヶ月前からこれをiPhoneの待ち受けにしてテンションあげてました。

先日ハーフマラソンの記事でも書きましたが、私は逆上がりもできないほど、超運動音痴。

マラソンなんて走る人の気が知れない、ありえないと思っていたのに、朝ランの気持ちよさにはまって、いつの間にかフルマラソンを走るように。(といっても、すごーくゆっくりの、初心者ランから抜け出せてないですけどね)

去年の初ホノルルが忘れられなかったんです。

朝のひんやりした空気の中、ダイヤモンドヘッドから朝陽を眺めながら走っていたら、自分がここにいて、こうやって生きていて、走ることができているという事実に、しみじみ幸せだなー、ありがたいなーと、ついぐっときてしまったんですよね。

自然と、自分の周囲のすべてに感謝の気持ちがわいてきて、まだゴールからほど遠いのに泣いてました。

泣くのはゴールしてからにしなよ!って感じですけどね。(ちなみにゴールの時は泣かなかった)

周囲の応援もあったかい。家の前で「You Are Our Hero!」とか、大きい看板で迎えてくれるんですよ!どれだけ元気をもらえたかわかりません。

去年のホノルルマラソンセミナーで、実行委員をされているお方(たぶん70歳以上のおばあちゃん。名前失念)が、こんな感じのことをおっしゃってました。

「私はホノルルマラソンを経験するまでは、夫に言われた通りの人生を送ってきました。髪型さえも、夫の好みに反することができませんでした。でも完走したら、自分はなんでもできる!と大きな自信がついて、長かった髪をばっさり切っちゃいました」

その気持ちがとっても良く分かる!

大風呂敷を開いた目標も、できない、という選択肢がなくなって、達成するにはどうしたらいいか、というマインドに変わっちゃう。

勘違いかもしれないけど、それでやる気がでるんなら上等。

去年、現地でこんな話も聞きました。

日本の年間自殺者は約3万人。そして、ホノルルマラソンの参加者も3万人。目の前にいる、これだけの人間が、自ら命を絶っている。死ぬという選択肢の前に、もしかして、一度ホノルルマラソンの達成感を味わうことができたら、日本の自殺者は減るかもしれない。

もちろん、マラソンを強制するわけではないけれど、この話には心から同意しました。

高揚感、また味わってきます!

来週はホノルルから更新しますね!無事完走報告できたらいいな。

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

いつも余裕があるママの朝時間の過ごし方

公式ブログ
朝活の第一人者 ママになった池田千恵さんの朝の過ごし方
Written by

池田千恵

株式会社朝6時 代表取締役。朝イチ業務改善コンサルタント。慶応義塾大学卒業。外食企業、外資系企業を経て現職。企業の朝イチ仕事改善、生産性向上の仕組みを構築しているほか、個人に向けては朝活でキャリア迷子から抜け出すためのコミュニティ「朝キャリ」(https://ikedachie.com/course/salon/を主宰。10年連続プロデュースの「朝活手帳」など著書多数。

連載記事一覧

朝美人スタイルの人気ランキング