キャンメイク新作コスメなら簡単!「大人のピンクメイク」レッスン♪

 

おはようございます。コスメコンシェルジュの稲毛登志子です。

歳を重ねるごとに「ピンクを使ったメイク」が難しく感じて、好きなカラーだけど諦めている…という人も多いのではないでしょうか。

この秋発売になったキャンメイクの新色コスメ「ジューシーピュアアイズ」と「エフォートレスライナー」は、ニュアンスカラーのピンクだから、大人世代にもぴったりですよ!

今回のメイクTipsでは、違和感なく楽しめる、抜け感のある「大人のピンクメイク」をご紹介します♪

ふんわり。大人かわいい「キャンメイク」新作アイパレット

キャンメイクの「ジューシーピュアアイズ」

キャンメイクの「ジューシーピュアアイズ」は、1つのパレットにメイン・締め色・アクセント(ラメ)がギュッと詰まった人気のアイシャドウパレットです。

この秋発売になった新色「14 テンダーフラワー」は、大人かわいいコーラルピンク!

コーラルは肌になじみやすいピンクなので、ピンクメイクが苦手な人でもお試ししやすいカラーです。

キャンメイクの「ジューシーピュアアイズ」

A:メイン(コーラルピンク)

B:締め色(ピンクブラウン)

C:アクセント(ラメ)

AとBは肌に吸いつくような、しっとりとしたパウダー。そしてCのラメは、オイルリッチ処方だから、粉飛びしづらくて密着力高めです。

こんなに可愛くてクオリティが高いのに、税込み価格は660円。気軽に試せるのが嬉しいですね。

こすれに強いのにお湯でオフOK!「キャンメイク」限定アイライナー

キャンメイク エフォートレスライナー

キャンメイクの「エフォートレスライナー」は10月下旬に限定発売されたリキッドアイライナーです。

水・汗・こすれに強い高発色な顔料を使用していますが、お湯でオフできるすぐれもの。

今回は淡いピンクブラウンの「02 カシュクールピンク」を使います。(価格:990円(税込)

キャンメイク新作コスメの色比べ

アイシャドウとアイライナーともに抜け感のあるやさしいカラーばかり。

色の調和がとれているからピンクメイクも難しくないですよ。

抜け感が大人らしい♪「ピンクメイク」プロセス

ピンクメイク

1) アイホールと下まぶたにA(コーラルピンク)を塗る

ピンクメイク

2) 上まぶたの目の際にB(ピンクブラウン)を塗る

ピンクメイク

3) 黒目の上あたりにC(ラメ)をポンポンと置き塗りする

4) アイラインを細く描く

抵抗なし!ふんわり「ピンクメイク」完成

ピンク

数あるピンクの中でも、サンゴのような「コーラルピンク」は肌なじみが良いので、大人の肌にもすんなりと溶けこみます。

アイラインの色もピンクを選ぶことで、アイメイクのバランスがぐっとよくなります。

温もりのあるピンクメイクは冬にもぴったり。2つあわせて買っても2,000円未満とお手頃なので、ぜひお試しを♪

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

いつでも、いつまでも輝き続ける♪朝のメイクTIPS

コスメコンシェルジュによる朝のメイクTIPS!
Written by

稲毛登志子(コスメコンシェルジュ)

2015年に日本化粧品検定1級を取得後、コスメコンシェルジュとして複数のwebメディアで美容に関する記事を執筆中。「女性はいつでも、いつまでも輝き続けられる」をモットーに情報を発信しています。「メイクって楽しい!」「コレ試してみようかな?」そう思っていただけるような情報を週に一度お届けします。
Instagram:@my_sweet_days_

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング