おはようございます♬

以前、オンラインのパン教室で「お惣菜パンづくり」にハマっているという話をさせていただきましたが、今朝はその続き第3弾で札幌出身の方はご存じの方が多いと思うのですが

ちくわパン

に挑戦してみました♡ちくわパン、すごく響きは良いけれど一体どんなパンなのか。食べたことがない私は興味深々でググってきました!

『札幌のベーカリーショップ「どんぐり」で1980年代に誕生したのがちくわパン。パン生地の中はちくわの穴にツナサラダをつめたものでこんがり焼き上げたこのパンは札幌市民の思い出の味』とあります。

早速、お惣菜パン用に柔らかめに生地を作って、ちくわに縦に切り目を入れ、そこにめんつゆと玉ねぎ・ツナを炒めた具を詰めて、パン生地をゆるく巻きつけます。

お惣菜パンの生地を作るのに慣れてくると意外と簡単(写真上部の4つです)。

これ、本物を食べたことがない私はとっても美味しかったんですが札幌市民の皆様はどう思うんでしょうか。気になります。

とりあえず残った生地で、めんたいフランス風(明太子を入れただけ)、残ったツナを入れたチーズツナ、あんこを入れてあんぱん、前回余ったカスタードを冷凍しておいたものでクリームパンを作ってみました♬

パンづくりってなんとなく、難しいような気がしてなかなか腰が重くなりがちな気がしますが、扱いやすい簡単にできる生地をオンライン教室で教えてもらって以来、約束があった日にお友達にお裾分けしたり、おやつにしたりと気軽に作るようになりました。

なによりパンを捏ねてるときって無心になれる気がして結構ストレス解消にもなっている気がします♬
4月になり、新しい学校や職場でフレッシュなスタートを切られた方も多いと思います。何かとストレスが溜まりやすい時期でもある気がするので、上手に解消してきたいですね。

皆様どうぞSweetな1日をお過ごしください♡

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

世界の朝の人気ランキング