悪いことばかりじゃない!「嫉妬」をうまく使いこなす方法2つ

 

1月21日:今日は「ライバルが手を結ぶ日」

女性2人

みなさんには、「ライバル」と呼べる存在はいますか?

私は幼少期から個人競技のスポーツをしていたこともあり、常に誰かをライバルに見立て、自分と比較していました。同年代の選手が結果を出すたび、「なんであの子は出来るのに、私には出来ないんだろう…」と、嫉妬心でいっぱいになっていたものです。

そのたびに、「人は人。自分は自分なんだから、比較しなくたっていいのに…」と自己嫌悪に陥っていたのですが、ある日、ふと思ったのです。

「嫉妬するということって、悪いことなんだろうか?」と。

そう、実は、嫉妬することによって得ていたメリットもあったのです。今日は、嫉妬心とともに成長してきたといっても過言ではない私が、これまでの人生を経て気づいた「嫉妬」のメリットや使いこなし方をご紹介します。

【1】モチベーションが維持できる

ガッツポーズをする女性

「今日は何だかやる気が湧かないな~」という日って、誰にでもありますよね。でも、そうやって自分が怠けている時、「ライバルはコツコツ努力して成長しているかも…」と考えると、「…負けてられない!!」って、奮い立たせられませんか?

競い合う相手がいるということは、モチベーションの維持につながります。怠けそうになったら、負けたくないあの人の顔を思い浮かべてみましょう。きっと行動したくなるはずです。

【2】自分の本心に気付ける

心のイメージ

「あ、いま、私は嫉妬しているな」と気づいたとき。

胸に手を当てて、「私は、あの人になんで嫉妬しているんだろう?」と考えてみてください。

嫉妬するということは、その嫉妬する相手に何かしら「羨ましい」と感じる要素があるということ。羨ましいという想いが膨れ上がった結果、嫉妬という感情になっているのです。

これは私の話ですが、転職活動を始めてたった2週間で内定をもらったという友人のエピソードを聞いたときのこと。「すごい!」と思う反面、嫉妬してしまいました。

「なぜ嫉妬心が湧いてしまったのだろう?」と自分の心に問いかけてみたところ、「私だって転職したい!」という本心が見えてきました。そう、「転職したいなぁ、でも、この歳で転職なんて厳しいだろうな…」という気持ちがあったからこそ、トントン拍子で上手くいった友人を羨ましく思い、嫉妬してしまったのです。

結果、その嫉妬心がきっかけとなり、転職活動を始める勇気をもらえたので、今は感謝しています。

***

いかがでしたか?「嫉妬」というと、ネガティブな感情といったイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。でも、使いようによっては自分を突き動かす原動力にもなるんです!ぜひ、「嫉妬」をうまく使いこなしてみてくださいね。

「ライバルが手を結ぶ日」とは?

1866年(慶応2年)のこの日(旧暦)、薩摩藩の西郷隆盛と小松帯刀、長州藩の木戸孝允(桂小五郎)らが土佐藩の坂本竜馬らの仲介で京都で会見し、倒幕のために薩長同盟(薩長連合)を結んだ。

出典:ライバルが手を結ぶ日(1月21日 記念日) | 今日は何の日 | 雑学ネタ帳 (zatsuneta.com)

★この連載は毎朝更新します。明日もどうぞお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

雑学コラム「今日は何の日?」

「今日は○○の日」にまつわるデイリーコラム♪会話のキッカケとなるような雑学やネタをご紹介します。
Written by

林 美帆子

会社員をしながらライターとして活動しています。数年前、仕事のストレスで心身のバランスを崩したことがきっかけで朝型生活にシフト。体質改善や転職に成功し、すっかり朝型生活のとりこになりました。最近お気に入りの朝時間の過ごし方は、マインドフルネス瞑想をすること。週末には都内の朝カフェ巡りもしています。朝時間を丁寧に過ごすと、その日1日がより豊かなものになる。ということを、多くの方に広めていきたいです。
【Instagram】https://www.instagram.com/miho333
【ブログ】https://ameblo.jp/cheerful32/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング