クリスマス当日よりイヴのほうが盛り上がる理由って?

 

12月24日:今日は「クリスマス・イヴ」

今日は、いよいよクリスマス・イヴ。皆さんは、何か楽しみな予定は入っていますか?

私は、普通に仕事です…(涙)

ですが、特別予定がなくてもクリスマス・イヴってワクワクしませんか?イルミネーションなどで街が彩られて、期間限定のスイーツも販売されたりしていて…お祭りのような楽しい空気感を纏うこの季節が、私は大好きです。

サンタクロース

それにしても、どうしてクリスマス当日よりもクリスマス・イヴのほうが盛り上がるのでしょうか?気になったので、理由を調べてみました。

「クリスマス・イヴ」のほうが盛り上がるのはなぜ?

「イブ」とは英語の「evening(夜)」と同じ意味の古語「even」のことであり、クリスマスイブとは「クリスマスの前夜」ではなく「クリスマスの夜」のことなのです。これには、キリスト教の前身にあたるユダヤ教の暦(ユダヤ暦)が大きく関わっています。
ユダヤ暦では、日没が一日の変わり目とされています。そのため、12月24日の日没から25日の日没までが「クリスマス」となります。クリスマスイブは、すでにクリスマスに含まれている24日の日没から深夜までということになります。

出典:お花屋さんネットワーク「イーフローラ」ホームページ 「クリスマスの由来や起源、意味は?」

なんと、「クリスマス・イヴ」の「イヴ」は前夜という意味ではないのですね…!つまり、「クリスマス・イヴ」は、日没からすでにクリスマス本番ということ。だから、その夜にケーキやチキンを食べたり、パーティーで盛り上がるのは正解なのですね。

さて、今夜はそんな、クリスマス・イヴ。何か楽しみな予定がある方、めいっぱいクリスマスを楽しんで、味わい尽くしてきてくださいね。私のように、お仕事の方…ともに頑張りましょう!

それぞれにとって、素敵なクリスマスになりますように♪

「クリスマス・イヴ」とは?

キリスト降誕の前夜祭。キリスト教の祭礼のひとつだか、日本では宗教とは関係なく年中行事のようになっている。この日が近づくとデパートや商店街、一般家庭でもクリスマスツリーを飾ったり、クリスマスプレゼントを用意したり,クリスマスムードが一気に盛り上がる。

出典:一般社団法人 日本記念日協会ホームページ <https://www.kinenbi.gr.jp/>

★この連載は毎朝更新します。明日もどうぞお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

雑学コラム「今日は何の日?」

「今日は○○の日」にまつわるデイリーコラム♪会話のキッカケとなるような雑学やネタをご紹介します。
Written by

林 美帆子

会社員をしながらライターとして活動しています。数年前、仕事のストレスで心身のバランスを崩したことがきっかけで朝型生活にシフト。体質改善や転職に成功し、すっかり朝型生活のとりこになりました。最近お気に入りの朝時間の過ごし方は、マインドフルネス瞑想をすること。週末には都内の朝カフェ巡りもしています。朝時間を丁寧に過ごすと、その日1日がより豊かなものになる。ということを、多くの方に広めていきたいです。
【Instagram】https://www.instagram.com/miho333
【ブログ】https://ameblo.jp/cheerful32/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング