“了解”を意味する英語「I got it」「「You got it」の違いって?

 

毎週金曜日更新!通訳者・翻訳者をネットワークするテンナイン・コミュニケーション「朝時間.jp」のコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。今話題のニュースに関する英語表現、英語や海外に関するトピックをご紹介します♪

OK

“了解”を意味する英語「I got it」「「You got it」の違いって?

テレビや映画などでよく聞く英語 “got it.” は「理解する」や「了解する」を意味するフレーズです。

ネイティブは、よく “I got it.” と “You got it.” を使っていますが、実は使い分けているんです。一見、意味は同じようですが、微妙なニュアンスの違いがあるので、しっかりおさえておきましょう。

I got it:(相手の言ったことを理解した時の)分かりました。

例)
A: Let’s meet at 10 in the morning tomorrow.(=明日、午前10時に集合しましょう)

B: I got it. See you tomorrow.(=分かりました。それでは、また明日)

“I got it.” はほぼ “I understand.” と同じ意味ですが、 “I got it.” のほうがカジュアルです。人によっては省略して “Got it” という人もいます。

You got it:(相手の頼み事や依頼を承諾する時の)了解しました。

例)
A: Can you send me the files by email?(=ファイルをメールで送ってくれますか?)

B: You got it. I’ll do it right now.(=了解しました。すぐに送ります)

いかがでしたか。ぜひ、この2フレーズの使い分け方を覚えておいてくださいね!

(記事協力:テンナイン・コミュニケーション

☆この連載は<金曜日>に更新します。次回もどうぞお楽しみに…!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン

通訳者さんがわかりやすく教えてくれる朝の英語レッスン♪
Written by

テンナイン・コミュニケーション

9000名以上の通訳者・翻訳者をネットワークする通訳エージェント「テンナイン・コミュニケーション」。大手外資系企業や日系企業へ通訳者を派遣。通訳者の育成にも力を入れる。

◆【NEW!】英語でのコミュニケーション力を最短1ヶ月で強化!通訳エージェントが
開発したビジネスパーソン向け英語プログラム「One Month Program」:
https://www.ten-nine.co.jp/onemonthprogram/

◆【NEW!】1ヶ月でTOEIC(r)750点を目指す短期集中TOEIC®特化型プログラム「One MonthProgram TOEIC®」:https://www.ten-nine.co.jp/onemonth-toeic/

◆テンナイン・コミュニケーション:http://www.ten-nine.co.jp/

◆「英語で仕事をする人の応援サイト Hi!Career」:https://www.hicareer.jp/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング