手の乾燥やひび割れを防ぐ!1日しっとりうるおう「基本のハンドケア」

 

おはようございます。大阪でエステサロン「private salon Laule’a」を経営する、美容家の寒川あゆみです。

こまめな手洗いや除菌をする回数が増えている今年。空気が乾きやすい秋以降、手の乾燥や荒れが気になる…という方が多いのではないでしょうか?

これから冬になると、空気の乾燥がますます進み、お湯を使う回数も増えがち。ますます手がカサカサに、そしてひび割れしてしまう可能性が高くなります。

そこで今日は、手の乾燥や肌荒れを悪化させないための基本のハンドケアについてご紹介します。

手の乾燥やひび割れを防ぐ!しっとりうるおう「基本のハンドケア」

秋冬は1日1回念入りにハンドケアしよう!

手のケア

手の乾燥や肌荒れ、ひび割れは、水分や油分が失われることで起こりますが、その原因には

  • ハンドソープを使った手洗いやアルコール除菌
  • お湯の使用
  • 手洗いのあとの拭き取り不足

などがあります。

肌は、水分と皮脂がシーソーのように同じくらいのバランスを保つことでコンディションのいい状態をキープできるのですが、水分や油分が減少すると乾燥や肌荒れが起こります。

ハンドケアを怠って水分と油分のバランスが崩れ、手の乾燥や肌荒れが悪化してしまうと、冬の衣類繊維による摩擦や引っかかりなどでかゆみや痛みを感じることも…。特に秋冬はしっかりハンドケアをする必要があります。

そんなハンドケアの定番といえば「ハンドクリーム」ですが、実はハンドクリームは肌の水分の蒸発を防ぎ、油分を補う役割を持つアイテムです。乾燥や手荒れの原因から考えると、まずは水分も補ったあと、油分を補うのが理想的です。

日中や外出先では頻繁に手を洗うため、ササッと簡単に使えるハンドクリームだけのケアでもOKですが、1日の始まりの朝や、1日の終わりの夜には、油分だけではなく

「水分を補い、うるおいを与えて、保湿をする」

念入りなケアをおこなうのがおすすめです。

水分・油分を補う「基本のハンドケア」

ハンドケアグッズ

準備するもの:ハンドソープ、化粧水、ボディミルクor乳液、ハンドクリーム、ビニール袋2枚

1) ハンドソープで手の汚れを落とす

まず、ハンドソープもしくはボディソープをしっかり泡立てます。泡が汚れを吸着するので泡を潰さないように、手のひらや手の甲、指のあいだや爪のすきままでていねいに洗いましょう。

手洗い

2) 化粧水を浸透させる

化粧水を手に取り、手の甲や関節部分や爪の根元など乾燥したり、皮がめくれやすい部分にていねいになじませます。

ハンドケア

3) ミルクを浸透させる

ボディミルクもしくは乳液を手に取り、同じように手全体にていねいになじませます。

ハンドケア

4) ミルクパックする

ボディミルクをもう一度手に取り、肌表面に残るくらいにサッと広げ、ビニール袋で手をおおい、浸透させるように約5分パックします。

ハンドパック

5) クリームで仕上げる

ビニール袋を外し、ボディクリームもしくはハンドクリームで水分とミルクを乾燥によって逃さないようにヴェールをかけます。

ハンドケア

肌のくすみ感がとれてパッと明るい肌色になり、しわができたりカサカサしていた部分は、うるおいが補われて肌がふっくら、もちもちしっとりした肌触りになります。

ハンドケア before after

10分あれば簡単にできるハンドケアで、朝や夜にうるおいを補うことで、手の乾燥や肌荒れの悪化を予防できます。ぜひ参考にしてみてください。

☆この連載は<木曜日>に更新します。次回もどうぞお楽しみに…!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

キレイに自信がつく♪朝の自分磨きレッスン

美容家さんに教わる♪朝のおすすめコスメ&美容レッスン
Written by

美容家 寒川あゆみ

大阪 谷町九丁目エステサロン private salon Laule’a代表。
自身の悩みから美容に興味を持ち、エステティックの道へ。サロンワークのほか、美容ライターや講師、美容家として幅広く活動中。

ホームページ:https://aymstory.wixsite.com/ayumisougawa
blog:http://www.beautylaulea.com
Instagram:@laulea.beauty

連載記事一覧

ヘルス&ビューティーの人気ランキング