英語の「I understand」と「I see」の違いって?

 

毎週水・金曜日更新!通訳者・翻訳者をネットワークするテンナイン・コミュニケーションとのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。金曜日は、今話題のニュースに関する英語表現をご紹介します♪

OKポーズの女性

英語の「I understand」と「I see」の違いって?

会話の中で「なるほど」と、小刻みに顔を上下に動かし、相づちを打つことがありますよね。その動作を、海外の人が見るととても不思議に感じるそうですよ。

英語にも、顔を上下に動かす習慣はないものの、相づちを打つことはあります。相手が相づちを打ってくれていると、「ちゃんと聞いてくれている。」「わかってくれている。」と安心できますよね。

今日は、英語の「相づち」フレーズ2つと、その違いについてご説明します。

I see.(=なるほど)

これは、自分が知らなかったことを理解したときに使います。

例1)
Aさん: COVID-19 is going around our office now. (=会社でコロナウイルスが流行っているんだ)
Bさん:Oh, I see, that sounds scary.(=なるほど、それは恐ろしいですね)

例2)
Aさん:I couldn’t confirm this topic today, so I will check next Monday.(=このトピックについてまだ確認していないので、週明け月曜日にチェックします)
Bさん:Oh, I see.(=なるほど、分かりました

I understand.(=承知しました)

一方こちらは、相手からの指示や説明を理解した、と伝えたい場合に使います。また、「I see.」よりも、よりフォーマルな場での使用に適しています。

例1)
Aさん:We need the report to finished by Monday.(=レポートを月曜日までに終わらせておく必要があります)
Bさん:OK, I understand.(=はい、承知しました

Aさん:We will postpone the online meeting until Friday since we are busy today. (=本日忙しいので、オンライン会議は金曜日に延期します)
Bさん:I understand.(=承知しました

相づちを打つ表現には、その他にも、「Right.」や「I got it.」など、さまざまなフレーズがあります。ナチュラルな相づちが打てるように、バリエーションや違いを覚えてみてください♪

(記事協力:テンナイン・コミュニケーション

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン

通訳者さんがわかりやすく教えてくれる朝の英語レッスン♪
Written by

テンナイン・コミュニケーション

9000名以上の通訳者・翻訳者をネットワークする通訳エージェント「テンナイン・コミュニケーション」。大手外資系企業や日系企業へ通訳者を派遣。通訳者の育成にも力を入れる。

◆【NEW!】英語でのコミュニケーション力を最短1ヶ月で強化!通訳エージェントが
開発したビジネスパーソン向け英語プログラム「One Month Program」:
https://www.ten-nine.co.jp/onemonthprogram/

◆【NEW!】1ヶ月でTOEIC(r)750点を目指す短期集中TOEIC®特化型プログラム「One MonthProgram TOEIC®」:https://www.ten-nine.co.jp/onemonth-toeic/

◆テンナイン・コミュニケーション:http://www.ten-nine.co.jp/

◆「英語で仕事をする人の応援サイト Hi!Career」:https://www.hicareer.jp/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング