英語の「shoot the breeze(そよ風を撃つ)」ってどういう意味?

 

毎週水・金曜日更新!通訳者・翻訳者をネットワークするテンナイン・コミュニケーションとのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。水曜日は、英語や海外に関するトピックをご紹介します♪ 

おしゃべりする女性

英語の「shoot the breeze(そよ風を撃つ)」ってどういう意味?

日本語では、ぺちゃくちゃおしゃべりをしながら無駄に過ごすことを「油を売る」などと言いますが、英語でこれを表現したいときは

shoot the breeze=無駄話をして過ごす、ただおしゃべりをする

というフレーズが使えます。直訳すると、「そよ風を撃つ」ですが、昔、カウボーイが暇つぶしにそよ風に向けて銃を撃ったことが由来だという説があるそうです。

現在では、例えば

例)After school, I shot the breeze with my friends.(=放課後、友達とおしゃべりした)

というように、無駄話をして時間を過ごすという意味で使われます。

また、似たような表現に

chew the fat=井戸端会議をする

があります。これは昔、噛み切れない脂身(fat)をずっと噛みながら(chew)、食事の後もおしゃべりをしたことから生まれた表現だとか…。

直訳とは違う意味を持つフレーズはいろいろありますが、その由来を知ると覚えやすいかもしれませんね!

(記事協力:テンナイン・コミュニケーション

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン

通訳者さんがわかりやすく教えてくれる朝の英語レッスン♪
Written by

テンナイン・コミュニケーション

9000名以上の通訳者・翻訳者をネットワークする通訳エージェント「テンナイン・コミュニケーション」。大手外資系企業や日系企業へ通訳者を派遣。通訳者の育成にも力を入れる。

◆【NEW!】英語でのコミュニケーション力を最短1ヶ月で強化!通訳エージェントが
開発したビジネスパーソン向け英語プログラム「One Month Program」:
https://www.ten-nine.co.jp/onemonthprogram/

◆【NEW!】1ヶ月でTOEIC(r)750点を目指す短期集中TOEIC®特化型プログラム「One MonthProgram TOEIC®」:https://www.ten-nine.co.jp/onemonth-toeic/

◆テンナイン・コミュニケーション:http://www.ten-nine.co.jp/

◆「英語で仕事をする人の応援サイト Hi!Career」:https://www.hicareer.jp/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング