何が違う?「ためになる」を表す英語3つの使い分け方

 

毎週水・金曜日更新!通訳者・翻訳者をネットワークするテンナイン・コミュニケーションとのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。金曜日は、今話題のニュースに関する英語表現をご紹介します♪

勉強する女性

何が違う?「ためになる」を表す英語3つの使い分け方

5月後半。新入社員研修や、異動先での引き継ぎなどが終わり、新しい仕事になれてくる時期ですよね。先輩や上司に仕事を教わる中でよく使うのが、「ためになります」という言葉。

今日はこの「ためになります」の英語表現を一緒に確認してみましょう!

helpful

「helpful 」は、人の行為・物が「役立つ」「助けになる」という意味の単語。相手のしてくれた行為そのものについて「役に立った」「ためになった」ことを伝えたいときにぴったりの言葉です。

例)It’s very helpful that you gave a lot of feedback to me.(=フィードバックをたくさんいただけて、大変ためになりました)

useful

「helpful」は人と物のどちらにも使えるのに対して、「useful」は基本的にためになる「物」について使います。人に対して使うと失礼に当たる場合があるので、注意しましょう。

「use」は「使う」という意味の動詞ですので、「物」がイメージしやすいですよね。

例)Edison invented many useful things. (=エジソンはたくさんのためになる物を発明した)

informative

少し馴染みのない単語かもしれませんが、この「informative」は、物や人がもたらす「情報」が、役立つ、ためになる、と言いたい時に使える言葉です。

例)I read a very informative newspaper article on that subject yesterday.(=その話題について、とてもためになる情報を昨日の新聞で読みました)

以上、出番の多い「ためになります」というフレーズをご紹介しました。ためになる「対象」に合わせて、言葉を使い分けてみてくださいね!

(記事協力:テンナイン・コミュニケーション

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン

通訳者さんがわかりやすく教えてくれる朝の英語レッスン♪
Written by

テンナイン・コミュニケーション

9000名以上の通訳者・翻訳者をネットワークする通訳エージェント「テンナイン・コミュニケーション」。大手外資系企業や日系企業へ通訳者を派遣。通訳者の育成にも力を入れる。

◆【NEW!】英語でのコミュニケーション力を最短1ヶ月で強化!通訳エージェントが
開発したビジネスパーソン向け英語プログラム「One Month Program」:
https://www.ten-nine.co.jp/onemonthprogram/

◆【NEW!】1ヶ月でTOEIC(r)750点を目指す短期集中TOEIC®特化型プログラム「One MonthProgram TOEIC®」:https://www.ten-nine.co.jp/onemonth-toeic/

◆テンナイン・コミュニケーション:http://www.ten-nine.co.jp/

◆「英語で仕事をする人の応援サイト Hi!Career」:https://www.hicareer.jp/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング