英語の「Let’s start」と「Let’s get started」の違いって?

 

毎週水・金曜日更新!通訳者・翻訳者をネットワークするテンナイン・コミュニケーションとのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。水曜日は、英語や海外に関するトピックをご紹介します♪ 

Let's start

英語の「Let’s start」と「Let’s get started」の違いって?

英語で会議の司会・進行を頼まれたあなた。早速始めたいのだけれど、わいわいがやがや…始まる前に、参加者が「Small talk(雑談)」に花を咲かせていることって、多いですよね。

そんなときに使える英語のお決まりフレーズのひとつが、「さぁ、本題に入りましょう!」を意味する

Let’s get down to business.(=さぁ、本題に入りましょう)

です。他には、同じ場面で使えるフレーズには

Can we get straight to the point?

Let’s get started.

などがあります。

3つめの “Let’s get started”「さて、始めましょう」と言うように、ビジネスだけでなく、学校の授業を始めるときなども使われます。

「始めましょう」は “Let’s start” でももちろん構わないのですが、“get started”にすることで、get (~にさせる)+started(過去形)となり、準備をして開始できる状態にしましょうというニュアンスが出ます。

ぜひ使ってみてください♪

(記事協力:テンナイン・コミュニケーション

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン

通訳者さんがわかりやすく教えてくれる朝の英語レッスン♪
Written by

テンナイン・コミュニケーション

9000名以上の通訳者・翻訳者をネットワークする通訳エージェント「テンナイン・コミュニケーション」。大手外資系企業や日系企業へ通訳者を派遣。通訳者の育成にも力を入れる。

◆【NEW!】英語でのコミュニケーション力を最短1ヶ月で強化!通訳エージェントが
開発したビジネスパーソン向け英語プログラム「One Month Program」:
https://www.ten-nine.co.jp/onemonthprogram/

◆【NEW!】1ヶ月でTOEIC(r)750点を目指す短期集中TOEIC®特化型プログラム「One MonthProgram TOEIC®」:https://www.ten-nine.co.jp/onemonth-toeic/

◆テンナイン・コミュニケーション:http://www.ten-nine.co.jp/

◆「英語で仕事をする人の応援サイト Hi!Career」:https://www.hicareer.jp/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング