いや、結局は吠えてないんですが(ごめんなさい)
シアトルの鬱々とした雨曇りの日々が嫌になると
我が家では決まって太平洋沿いにある
Ocean Shoreという街に行くのが定番。

あ、おはようございます!

と、いうわけで早起きして

お気に入りのここ『RAISED』で朝ご飯代わりに

ドーナツを購入。
一路、太平洋へ向かって進むこと3時間。

太平洋。このまま海を渡れば日本へ繋がる
例の海。(ご存じの方多いと思いますが)
英語ではPacific Oceanと言います。

 

そうそう、ワシントン州は全米でも珍しく
ビーチに車で乗り入れてもいい」という
ルールがあるので、浜辺にはたくさんの車が。

ワシントン州の子供たちは
最初に車の運転を両親に教えてもらうときには
ビーチで練習した、なんてよく聞く話。

 

え?車の運転の練習?両親に?と思った方へ。

この話、免許のシステムが日本とは
かなり違って面白い話になると思いますので
近いうちに改めて。

浜辺を馬で散歩なんて素敵過ぎる…♡

 

てなわけで、ドーナツを食べたにもかかわらず
既にお腹が減っている微妙な朝10時半。

いつものお店で

いつもの朝ごはん。私はEggs Benedict
エッグベネディクト(Sが複数形なのをお忘れなく)

旦那さんは安定のパンケーキ。
美味しくいただきました♡

 

 

というわけで、ここで上から順に
写真をご覧になってきて
勘の良い朝時間ユーザーのみなさまなら
お気付きかと思いますが、なんと!

ワシントン州、全域晴れてる!

 

遠出した意味はどこに?!意味ない!
シアトルにいても良かった!
でもここでの話は明日も続きます。

 

日本もアメリカも、世界中が大変なとき。
クサクサしてしまうこともあると思いますが
美味しいものを食べて、朝時間をご覧のみなさま
どうぞSweetな1日をお過ごしください♡

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

世界の朝の人気ランキング