「soy(大豆)」の語源は醤油だった!?日本語由来の英単語5選

 

毎週水・金曜日更新!通訳者・翻訳者をネットワークするテンナイン・コミュニケーションとのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。水曜日は、英語や海外に関するトピックをご紹介します♪ 

英単語帳

「soy(大豆)」の語源は醤油だった!?日本語由来の英単語5選

今日は、ちょっと意外!?な、「日本語を由来に持つ」英単語をご紹介します。

1) soy(=大豆)

日本語のshoyuからsoyという英単語になりました。

2) rickshaw(=力車)

日本語のrikishaを英語読みにしているのですね。

3) tycoon (=大君)

日本語のtaikunを聞いた外国人が、将軍という意味で使い始めたのがきっかけなのだとか。現在では大物実業家という意味で、real-estate tycoon(不動産王)などという表現が使われています。

4) honcho(責任者・リーダー)

驚くことに、日本語のhancho(班長)が起源なんですよ!

5) skosh(少し・わずか)

こちらは、発音も似ていますよね。日本語のsukoshiがくだけて英語になったそうです。例えば

I added just a skosh of vinegar.

というように、”a skosh of…”(少しの…)という言い回しで表現します。

***

日本語由来の英単語、いかがでしたか?

英語ネイティブと話していて、意外なところで日本語が通じたら、それは日本語由来の英単語かも!会話のネタとしても、ぜひ覚えておいてくださいね♪

(記事協力:テンナイン・コミュニケーション

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン

通訳者さんがわかりやすく教えてくれる朝の英語レッスン♪
Written by

テンナイン・コミュニケーション

9000名以上の通訳者・翻訳者をネットワークする通訳エージェント「テンナイン・コミュニケーション」。大手外資系企業や日系企業へ通訳者を派遣。通訳者の育成にも力を入れる。

◆【NEW!】英語でのコミュニケーション力を最短1ヶ月で強化!通訳エージェントが
開発したビジネスパーソン向け英語プログラム「One Month Program」:
https://www.ten-nine.co.jp/onemonthprogram/

◆【NEW!】1ヶ月でTOEIC(r)750点を目指す短期集中TOEIC®特化型プログラム「One MonthProgram TOEIC®」:https://www.ten-nine.co.jp/onemonth-toeic/

◆テンナイン・コミュニケーション:http://www.ten-nine.co.jp/

◆「英語で仕事をする人の応援サイト Hi!Career」:https://www.hicareer.jp/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング