「煩悩」って何て言う?除夜の鐘にまつわる英語フレーズ3つ

 

毎週水・金曜日更新!通訳者・翻訳者をネットワークするテンナイン・コミュニケーションとのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。金曜日は、今話題のニュースに関する英語表現をご紹介します♪

鐘

「煩悩」って何て言う?除夜の鐘にまつわる英語フレーズ3つ

クリスマスが過ぎれば、今年も残すところあとわずか。皆さん、大晦日の予定は決まっていますか?

カウントダウンパーティーやライブに出かける人もいる一方で、おうちで「除夜の鐘」をききながら元旦を迎える…という人もたくさんいると思います。

今回は、そんな大晦日にまつわる英語をご紹介しましょう。

除夜の鐘:Bells on New Year’s Eve

例)Bells on New Year’s Eve are struck one hundred and eight times.(=除夜の鐘は108回撞かれる)

除夜の鐘が108回撞かれるのはいくつか説がありますが、人間の煩悩の数が108つとされ、これを祓うという説が有力だそうです。

大晦日:the last day of the year / New Year’s Eve.

例)Temples in Japan ring their bells a total of 108 times at midnight of the last day of the year.(=日本のお寺では大晦日の深夜に108回の鐘を鳴らします)

もちろん「December 31」で「大晦日」を表すこともできます。

では、祓うとされる「煩悩」は英語で何と言うか、知っていますか?

煩悩:desires

例)In Buddhism, it is said that people have 108 desires from birth.(=仏教では人間は生まれながらに108の煩悩を持っているとされている)

ちなみに「passions」と表現されることもあります。

最近では除夜の鐘の音をきくだけでなく、自分で除夜の鐘をつけるところもあるそうですよ。

皆さま思い思いに楽しい年越しをお過ごしください。そして来年も、どうぞよろしくお願いいたします!

(記事協力:テンナイン・コミュニケーション

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン

通訳者さんがわかりやすく教えてくれる朝の英語レッスン♪
Written by

テンナイン・コミュニケーション

9000名以上の通訳者・翻訳者をネットワークする通訳エージェント「テンナイン・コミュニケーション」。大手外資系企業や日系企業へ通訳者を派遣。通訳者の育成にも力を入れる。

◆【NEW!】英語でのコミュニケーション力を最短1ヶ月で強化!通訳エージェントが
開発したビジネスパーソン向け英語プログラム「One Month Program」:
https://www.ten-nine.co.jp/onemonthprogram/

◆【NEW!】1ヶ月でTOEIC(r)750点を目指す短期集中TOEIC®特化型プログラム「One MonthProgram TOEIC®」:https://www.ten-nine.co.jp/onemonth-toeic/

◆テンナイン・コミュニケーション:http://www.ten-nine.co.jp/

◆「英語で仕事をする人の応援サイト Hi!Career」:https://www.hicareer.jp/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング