BLOG

心が疲れた時にオススメ。休日にゆっくり読みたい『ジャージの二人』

 

朝読書におすすめの本をご紹介する『まっこリ~ナのCafe BonBon』。小説やエッセイ、暮らしや料理の本など心に効く本をセレクトしています。

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『ジャージの二人』

作家・長嶋有が北軽井沢の古い山荘を舞台に、失業中の「僕」とカメラマンの父が過ごす日々を描きます。疲れているとき、なんにもやる気が出ないとき、心に効く小説です。


ジャージの二人
著者:長嶋有
出版社:集英社

「つれてってよ。今、無職だし。暇だし。手伝うよ、いろいろ」そう言って、僕は父の「一人避暑」についてきた。結婚三度目の父もどうやら問題を抱えているみたいだし、最近はあまり仕事もしていなさそう。

山荘暮らしがはじまっても、僕の心を占めているのは預金通帳の残高と浮気中の妻のこと。「経済活動からも夫婦生活からもドロップアウトしてしまうならば、せめて薪ぐらいは割れるようになろう」と自嘲気味に思うけれど、いざ薪で焚いた風呂に浸かれば、悲しみにぼせてしまうのだ。

そんな二人が山荘で着るのがジャージの上下。胸には小学校の名前が入ったワッペンがついている。夏の終わりの山荘暮らしはちょっとしょぼくれていて、洒落た雰囲気はみじんもないのです。

山荘で悩みを抱えて悶々とする僕。そして飄々としている父もまた、本当は心に熱いものをもっている人のような気がします。そこがきっとこの父と息子の似ているところで素敵なところ、だから彼らを好きになってしまう。ジャージの二人だけじゃない、ハスキー犬のミロもたまらなく愛おしくなりました。夜の東所沢駅前からはじまるロードムービーのような出だしも好き。

翌年の山荘行きを描いた『ジャージの三人』も収録しています。二人が三人になって、山荘暮らしが明るく色づきます。表紙カバーの印象的な絵は安野モヨコさん。休日の読書にぴったりの一冊をどうぞ。

ラブ&ピースな一日を。
Love, まっこリ〜ナ

「まっこリ~ナのカフェボンボン」を読んでくださってありがとうございます。「カフェボンボン」が心ときめく本との出会いの場となりますように。

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』はこちら>>

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』

公式ブログ
小説から絵本まで、編集者が選ぶ”朝読書”におすすめの1冊
Written by

まっこリ〜ナ

編集者・ライター

出版社勤務を経てフリーランスに。図鑑や写真集、子どもの本や雑誌などの編集に携わる。本がくれる愛のチカラを糧に生きる日々。いちばん好きな本の主人公は長くつ下のピッピ。
趣味は草花園芸、編み物、ランニング、スポーツ観戦。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング