週末朝、タイ料理レッスンからスタート

 

皆様、サワディーカー!Rinaです。

 

先日はハロウィンでしたね!皆様はどうお過ごしされましたでしょうか…?

私は、プチハロウィンパーティーを家で開いたりと少し季節を味わうことができました。

街中は、あまりハロウィンらしくなかったのですがタイはクリスマスに力を入れていると友人からお聞きしました!

最近のバンコク市内を歩いていると、クリスマスツリーがあちこちに…♪

今から、クリスマスイベントが楽しみです!

 

さて、先日の週末は朝からタイ人先生のご自宅で初タイ料理教室に参加してきました。

ハロウィン月でしたので、先生が造られたテーブルコーディネートもハロウィン仕様で素敵でした❤︎

 

初タイ料理クッキングのメニューは…

  1. トムヤムパスタ
  2. ガイ・ヤーン
  3. ウンチャータイ(タイティプリン)

 

 

トムヤムパスタは、工程がたくさんあり3つの中で一番難しかったです。

使う調味料も揃えるものが多く、お家で作るにはまず調味料を完璧に揃えないといけません。

全ての材料の総カロリーを考えてしまうと、驚き!!ですがタイ料理の美味しさにはカロリーも必須ですね。

 

 

上の写真がトムヤムパスタの材料なのですが、見たことない聞いたことないものがありました。

特にしめじの下にある緑の葉っぱですが、「こぶみかんの葉」と言います。こちらは細かく千切りをしていきます。

そして一番珍しかったのは、こぶみかんの上にある2本の野菜。「カー」です。

日本での名は「生姜」「南姜(なんきょう)」です。香りは生姜そのままです。

そんな物珍しい材料を多々使うトムヤムパスタ。

お家で実践できたらかなりレベル高い一品になりそうです。

 

 

 

 

次にガイ・ヤーン。

私の一番大好きなタイ料理の1つです。まだ食べたことがない方はタイ料理店でぜひ挑戦されてみてください。

 

 

ガイヤーンは簡単に言うと「焼き鳥」です。タイでは屋台などでよく売られています。

鶏もも肉をナムプラーとにんにくの風味が効いた甘辛いタレに漬け込み、炭火やオーブンでしっかり焼き上げる一品。今回は先生のご自宅のオーブンで焼き上げました。

工程が簡単なのでこれはすぐにでもお家で実践できます。

 

 

トムヤムパスタに比べて工程も材料も少なめです。

右下に見えますのが「パクチーの根」です。パクチーの根と、ニンニクを細かく潰していきます。

そして初耳な調味料、タイの醤油「シーユーカオ」とタイのソース「シーユーダム」

タイのスーパーで安く売っていますので、タイにお越しになった際は是非この記事を思い出して頂けたら幸いです❤︎

 

ガイヤーンの味についてははたくさん書きたいこともあるのですが♪

感じ方は人それぞれ…

挑戦された際は、ぜひ美味しいお肉の旨味を単堪能されてください。

 

デザートは、甘いタイティープリン、ウン・チャータイです。

このメニューも簡単で調味料さえ揃えれば時短で作れるメニューでした❤︎

 

 

メインの材料としては甘くない練乳と甘い練乳や、タイで有名なタイティーのお店「Cha Tra Mue」の紅茶缶を使用します。

(Cha Tra Mueは日本にまだ進出していないので、お土産にたくさん買われる方が多いです)

 

 

可愛い型に流し込み、数十分冷蔵庫に入れておけば可愛いタイティプリンの完成です♪

 

 

どれもすぐに実践したいメニューばかりで楽しいタイ料理教室となりました。

この料理教室で一番感じたのは先生の手際の良さ

いかに限られた時間で効率よく料理に取り組むか…

当たり前のことのように思えますが、新米主婦な私は一品作るにも慎重になってしまいますし、

なかなか思うように準備できない時も日々あります。毎日苦戦です!

なので、今回は楽しい教室の中でも、主婦として非常に学ぶところが沢山ありました。

 

素敵なタイ料理教室から始まれた良い週末朝でした!

皆様、今日も素敵な1日をお過ごしください♪

 

 

Rina

 

 

 

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【タイ】ホットなBangkokからお届け!私の朝時間

タイ・バンコク在住レポーターから届く朝時間
Written by

Rina(タイ在住)

(タイ・バンコク在住)
東京都出身、秘書・歯科人事コンサルタントとして本業と副業を経験。
「仕事大好き人間」なほどがむしゃらに働いていた自分から一転、2019年1月に入籍し、主人の海外転勤でタイのバンコクへお引越しすることになりました!せっかくの海外生活、素敵で楽しい生活になるように「世界の朝」を通して、南国の土地タイのバンコクより、皆様の朝時間が少しでもワクワクするような朝をお届けします♪

Instagram:@rinaliving

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

世界の朝の人気ランキング