おはようございます♬

「実家に帰る」と嬉しいことの1つって
家族の手料理を食べられることだと思うんですが
どうでしょう。

家族の手料理だけでなく
子供の頃食べた、実家のある街のB級グルメも
高校時代に友達と通った喫茶店のグラタンも
ノスタルジーと相まって、美味しい思い出。

 

今回は慌ただしくて得意のB級グルメは
まったく食べられませんでしたが

珍しく家族の手料理、特に朝ごはん
数回、家で食べることが出来ました。

札幌旅行の際に、中央卸売市場で買ってきた
ほっけを焼いたり、筋子をいくら漬けにしたもの

そこにたらこに、納豆、烏骨鶏の生卵に厚焼き卵。
白いご飯がいくらあっても足りない朝ごはん。

 

 

子持ちししゃもの天ぷらに
きゅうりの漬物(日本のきゅうりは最高です)
ハムたまご、納豆、たらこ、お味噌汁。

自分の朝ごはんだったら決してこうはいかない。
愛情と、経験のバランスが成せる最高朝ごはん。

 

もちろん、残さず(しかもお代わり)いただきました。

 

いつだって母は偉大です。
いつ会っても尊敬します。

こんな朝ごはんを作れるようになる日が来るとは
到底思いませんが
まずはアメリカに戻ったら精進。
それまであと何回食べられるかなお母さんのご飯。

美味しい朝ご飯って
その一日を元気にしてくれますよね。
みなさまもしっかり朝ご飯を召し上がって
どうぞSweetな1日をお過ごしください♡

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

世界の朝の人気ランキング