【日本橋】北海道・美瑛の味が東京でも味わえる!「FERME LA TERRE BIEI(フェルム ラ・テール美瑛)」

 

おはようございます。10,000個以上のパンを食べ歩いたパンマニアの片山智香子です。

この連載では、朝から元気になれる美味しいパン屋さんやカフェを紹介します!

目玉は3種のプレミアム食パン!「FERME LA TERRE BIEI」

2019年9月27日(金)コレド室町テラス開業に伴い、フェルム ラ・テール美瑛が1階の店舗に入ります。ちなみに、フェルム=農場、ラ・テール=大地。直訳すると「大地の農場」を意味する同店。北海道・美瑛町にあり、北海道を始め、国内産の素材にこだわった食のブランド。そちらの2号店が日本橋にオープンするようです。今回、内覧会のご連絡を頂き9月25日(水)に試食させて頂いてきました。

最大の目玉は北海道の素材を生かした3種のプレミアム食パン

一番シンプルなのが写真真ん中の【北海道ジャージー牛乳食パン】一口食べて感じたのはミルキーだということ。砂糖不使用なのに程よい甘味があり、くちどけ良く、シンプルな食パンとはまた違った贅沢感を感じる一品。ジャージー牛乳は美瑛の店舗から車で30分ほどにある牧場にてのびのび放牧されている牛から絞ったもの。北海道産のお米「ゆめぴりか」の米粉や「白樺樹液」をまぜ入れることにより、ふんわりしながらももっちりした食感に仕上がるそう。っていうか、思わず白樺樹液?!と聞き返してしまった。白樺樹液入っている食パンって珍しいですよね!

そして、向かって右側が【北海道バタークロワッサン食パン】表面の香ばしさと食べるとジュワっと口内に広がるバターの油分、コクが美味しい。デニッシュ食パンみたいな感じなのかなと思ったら、これまた違った味わい。今回は生で頂きましたが、こちら、トーストしてもまた違った味わいを楽しめそう。

向かって左側【北海道熟成チーズ食パン】濃厚!という言葉がぴったりなこちら。北海道産のマスカルポーネとクリームチーズと一緒にねりあげられ、なんと!小麦粉100に対して、チーズ120%の割合というのだからびっくり(笑)

食パン以外にも北海道産小麦を使ったパンが多数。その中でも気になったのは・・・

美瑛産小豆の「しゅまり」を使ったあんぱんや、はるゆたかのたまり醤油バゲットなど、どんな味なのか気になります。

もちろん、朝からこれらのパンは買えるようですが、モーニングメニューもあるそう。クリームパンセットってあまり聞かないけれど、個人的にはクリームパン大好きなのでこのセット嬉しい(笑)

 

FERME LA TERRE BIEI(フェルム ラ・テール美瑛)コレド室町テラス店

住所:東京都中央区日本橋室町3-2-1
電話番号:03-6265-1700
営業時間:【菓子・パン・物販】10:00~21:00
【レストラン・カフェ】モーニング 7:30~10:00/ランチ 11:30~15:00(L.O.14:30)/カフェ 7:30~11:30、15:00~21:00
定休日:コレド室町休業日と同日

※記事の内容は公開時点の情報です。お店の最新情報はお店のホームページなどでご確認ください。

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

パンマニア片山智香子のおいしいパン屋ガイド

10,000個以上のパンを食べ歩いたパンマニアによるパン屋さんレポート♪
Written by

パンマニア 片山智香子

パンマニア、パン料理研究家
http://panyameguri.jimdo.com/
10,000個以上のパンを食べ歩いたパンマニア。全国のパンを紹介する日本最大級コミュニティ『パン屋さんめぐりの会』を主宰。著書に『ボウルで3分こねるだけ!ラク!早!カンタン!おうちパン』(学研)『愛しのパン』(洋泉社)がある。最近では、テレビ、ラジオ、雑誌などメディアでも活躍中。
連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

朝カフェ案内の人気ランキング