どこまでが正解?目が一番大きく見えるアイシャドウの正しい入れ方

 

4万人以上のカウンセリング、メイクアップを担当する中で「日本女性を美しく見せるメイク術」を確立!自然体な大人メイクを伝導しているメイクセラピスト荻野愛子さんによる連載「史上最高にキレイになる♪朝の美人メイクメソッド」では、朝のメイクで美人になるヒントを毎週ご紹介します♪

    メイクセラピストの荻野愛子です。

アイシャドウを濃いめにつける方も薄めにつける方も、「実際、タテ・ヨコ、どの辺りまで入れるのが綺麗に見えるの!?」と感じることがあるのでは?

私がメイクレッスンをさせて頂く中で、そんなアイシャドウの入れ方についてのご質問をたくさん頂きます。

今回は、1番目元が綺麗に見える「アイシャドウを入れる範囲」についてご紹介させて頂きます。

どこまでが正解?目が一番大きく見えるアイシャドウの正しい入れ方

アイシャドウ

アイシャドウの範囲、どこまで塗るのが正解!?

みなさんはいつもアイシャドウをどのくらいの高さまで入れていますか?

アイシャドウの高さは、メイクレッスンの中でお伺いすると、みなさん『二重のラインまで』、『まぶたの半分くらいまで』など、人によって様々。

上の写真のような、パレットタイプになっている4色入りのアイシャドウは様々なメーカーから発売されていますが、そもそもこの4色。どこまでどう塗るかなど、商品の説明を読んでも、自分のまぶたにはどう入れればキレイになるのか、分かりづらいですよね。

ですが、このアイシャドウを入れる範囲次第で目の大きさが驚くほど変わって見えてきますので、ここを曖昧なままにしておくのはもったいない!

キレイになれるアイシャドウのコツをしっかりと押さえておきたいですよね。

実は一重の方も二重の方も、そして奥二重の方にも共通して、『ここまで入れると自然に目が大きく見える』というポイントがあるのです!

最初に入れるベースカラーは必ず『眉の下まで』

眉の下まで

一重の方、二重の方、奥二重の方など、どんな目元の方へも共通して綺麗に見えるアイシャドウを入れるベースカラーの高さの範囲は

『眉の下まで』

です。

このライトカラーをまぶたの半分くらいの高さでつけている方も多いのですが、目のキワから眉の下まで、全体的にアイシャドウをつけることで、目が大きく、バランスが美しく見えます。

理想は、少し眉にかかるくらいまで。

眉にふんわりとアイシャドウのライトカラーをかけることで、眉とアイシャドウの色がしっかりと調和し、眉の印象もとても柔らかく見えます。

アイシャドウの範囲でこんなに印象が変わる!ビフォーアフター

(左側はアイシャドウを入れる高さの範囲を変える前の写真)

右側はアイシャドウのライトカラーを眉の下まで入れている写真です。

目元と眉の幅が近くなるように見え、目がとてもきれいに見えますよね。

【before】

こちらが、まぶたの半分くらいの高さまでアイカラーを入れたメイク。

【after】

こちらが、眉の高さまでベースのアイカラーを入れたメイクです。

1番はじめにつける明るいベースカラーのアイシャドウの範囲を変えただけで、目の大きさが変わって見えるのがお分かりいただけるでしょうか?

つまり、アイシャドウの入れる範囲は『縦幅』がとても大きく印象を変えます。

*****

意外と知らない綺麗なアイシャドウの入れ方。眉の下まで入れるととても目元が大きく綺麗に見えます。

こんなに上まで入れるの?と思うくらいの高さまで入れてみると、意外と目元にしっくりなじむので、是非お試しください。

 

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

史上最高にキレイになる♪朝の美人メイクメソッド

人気メイクセラピストに教わる、美人になる朝のメイク術♪
Written by

メイクセラピスト 荻野愛子

トップクラスのアドバイザーとして4万人以上のカウンセリング、メイクアップを担当する中で「日本女性を美しく見せるメイク術」を確立。その人の中の美しさを引き出し、豊かさを高める「MUSE(ミューズ)メイクレッスン」を中心に活動中。MUSEメイク8タイプ診断・カラー診断と合わせて自然体な大人メイクを伝導している。

公式ブログ 「毎朝のメイクが楽しくなる」:https://ameblo.jp/sorataro-minisora
Facebook:https://www.facebook.com/MUSEmake/
「MUSEメイク」公式サイト:https://www.muse-make.com/

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

ヘルス&ビューティーの人気ランキング