紫外線でパサパサ…!夏の日差しに負けない「美髪」対策3つ

 

美髪ケア

8月1日:今日は「パーマの日」

暑い夏は、カラーリングやパーマ、カット、アレンジで、軽やかなヘアスタイルを楽しみたいですよね。

でも…降り注ぐ紫外線のせいで、ぱさついたり、枝毛や切れ毛が増えたりと、夏の髪はとにかくダメージを受けやすいもの。

今日は、日差しの強い夏でも「美髪」をキープするための方法を調べてみました☆

紫外線でパサパサ…!夏の日差しに負けない「美髪」対策3つ

とっても怖い!夏の紫外線

髪は紫外線を浴びると、表面のキューティクルがはがれてしまい、パサつきや枝毛、切れ毛になりやすくなるそう。

また、紫外線は髪の内部のメラニンを分解する力も持っており、髪の毛の色にも影響を及ぼすのだとか。

紫外線と言うと、顔や手足などお肌に気が向きがちですが、お肌と同じくらい大切な「髪」のケアも徹底したいですよね!

【対策1】帽子・日傘をさす

まず毎日のキホンにしたいのが、帽子や日傘を使うこと。

洋服で肌を守るのと同じように、髪や頭皮も紫外線から守りましょう。

ロングヘアの場合は、お団子などまとめ髪にしてから、髪が全部隠れるような大きめの帽子をかぶるのがおすすめ!

【対策2】UVカット用のスプレーを使う

海水浴や山でのキャンプ、バーベキューなど、長時間野外にいる場合は、UVカット用のヘアスプレーを使いましょう。

クリームやジェルではなくスプレータイプなら手が汚れないので楽チン。野外にいるときも、バタバタする朝も、シューっと吹きかけるだけでOKです♪

少なすぎると効果が薄れることもあるので、商品のパッケージに書かれた説明に従い、適量を、正しい方法で使ってくださいね。

【対策3】トリートメント&ドライヤーを念入りに

そして、シャンプー後の「トリートメント」。トリートメントは年中している方が多いかもしれませんが、ダメージを受けやすい夏は特に念入りに、大切にしたいもの!

夜に髪を洗いタオルドライしたあとに、流さないトリートメントをしっかりとなじませましょう。

私もお風呂上がりの習慣にしていますが、やはりトリートメントをつけないと翌日の髪の毛の触り心地が違うなあ〜と感じます。

特にぱさつきを感じる場合は、しっとりする効果が高いアイテムにチェンジするのもおすすめ。

もちろんトリートメントだけではなく、ドライヤーで髪の毛をしっかり乾かすことも忘れずに!

…いかがでしょうか?

自分に良いケア用アイテムが分からない…という場合は、普段お世話になっている美容師さんに相談するのも◎ですよ。

肌だけでなく髪の紫外線ケアも気をつけながら、思いっきり夏を楽しみましょう!

「パーマの日」とは?

ヘアスタイルの美しさを引き出し、美容師の技術の向上のために活動をしている日本パーマ協会が制定。全国のヘアサロンが一体となって、パーマ(カールヘアスタイル)の魅力を発信するのが目的。日付は8と1で「パーマ(8)いいね(1)」と読む語呂合わせから。

▼あなたは今日をどんな1日にしたい?朝時間.jpのiPhoneアプリにある、1日をハッピーにするための新習慣「ひとこと朝宣言」で、今日の目標ややりたいことを宣言してみて! iPhoneアプリダウンロードはこちら♪ → https://apple.co/2RK3Dcj

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

コラム「今日は何の日?」

「今日は○○の日」にまつわるデイリーコラム♪
Written by

なっちゃん

テレビ番組制作会社の勤務を経て、ライターへ転身。グルメ、ライフスタイルの記事執筆が得意です。朝ごはんが大好きで友人と2人で朝ごはんのお店を紹介するブログ【「朝ごはんソムリエ」になってみた】を運営中。朝美人アンバサダーとしても活動を行っています♪

◆ブログ:http://asagohansomurie.blog.jp
Twitter:https://twitter.com/natvco

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング