『自己ベスト』って何て言う?スポーツの記録にまつわる英語3選!

 

毎週水・金曜日更新!通訳者・翻訳者をネットワークするテンナイン・コミュニケーションとのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。金曜日は、今話題のニュースに関する英語表現をご紹介します♪

水泳大会

『自己ベスト』って何て言う?スポーツの記録にまつわる英語3選!

7月23日、水泳の松元克央選手が自己ベスト・日本新記録の1分45秒22で銀メダルを獲得しましたね!男子200メートル自由形ではオリンピック、世界選手権を通じて日本人初メダルだそうです。

今回は、このおめでたいニュースから、スポーツに関連する英語表現をご紹介していきます。

自己ベスト:new lifetime best

“lifetime”は「生涯、一生」という意味の英単語です。

例)Japanese swimmer Katsuhiro Matsumoto achieved a new lifetime best of 1:45.22 this week.(=松元克央選手が今週1分45秒22で自己ベストを更新しました)

日本新記録:new Japanese national record

“national”というと国際的な意味に思われる方もいるかもしれませんが、単に「国内の」という意味ですね。”nation” (国民の、国家の)からきています。

例)He also set a new Japanese national record as well as a new lifetime best.(=彼は自己ベストに加えて、日本新記録を樹立しました)

松元選手が日本新記録を出した!ということで、次の目標はこちらではないでしょうか?

世界新記録:new world record

「世界」は”world”で表しています。

例)British swimmer Adam Peaty set a new world record in the 100m breaststroke.(=イギリスのアダム・ピーティー選手が100m平泳ぎで世界新記録を樹立しました)

海外メディアニュースでも広く取り上げられた話題ですので、ぜひ調べてみてくださいね!新しい英語表現にも出会えるはずですよ。

(記事協力:テンナイン・コミュニケーション

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン

通訳者さんがわかりやすく教えてくれる朝の英語レッスン♪
Written by

テンナイン・コミュニケーション

7000名以上の通訳者・翻訳者をネットワークする通訳エージェント「テンナイン・コミュニケーション」。大手外資系企業や日系企業へ通訳者を派遣。通訳者の育成にも力を入れる。

◆【NEW!】1ヶ月でTOEIC(r)750点を目指す短期集中TOEIC®特化型プログラム「One MonthProgram TOEIC®」:https://www.ten-nine.co.jp/onemonth-toeic/

◆テンナイン・コミュニケーション:http://www.ten-nine.co.jp/

◆「英語で仕事をする人の応援サイト Hi!Career」:https://www.hicareer.jp/

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング