英語の「crunch time(クランチタイム)」ってどういう意味?

毎週水・金曜日更新!通訳者・翻訳者をネットワークするテンナイン・コミュニケーションとのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。水曜日は、英語や海外に関するトピックをご紹介します♪

crunch timeって?

英語の「crunch time(クランチタイム)」ってどういう意味?

「締め切り前の踏ん張りどころ」という意味で

crunch time

という表現があります。

“crunch”には、食べ物をバリバリとかみ砕くことや、名詞ではその音を指す場合に使われますが、「危機や困難で切迫した状況」という意味もあります。

そのため、“crunch time” で正念場という意味になり、締め切りなどが迫っていて集中して大急ぎで物事に取り組む状況を表す場合に使われます。例えば

I have a deadline tomorrow to get this report done, so it’s crunch time tonight.(=明日がこのレポートの締め切りなので、今夜が正念場だ)

I’m in a time crunch with my projects.(=複数のプロジェクトで時間に追われている)

のように使うことができます。

噛み砕いて食べる「クランチチョコ」の “crunch“ なので、歯をぐっとくいしばって集中するくらいの正念場、とイメージすると覚えやすいですよ!

(※編集部よりお知らせ)
春から英語の勉強を頑張るぞ!と考えている方へ。この連載で朝のカンタン英語レッスン記事を届けてくれている通訳エージェント「テンナイン・コミュニケーション」さんが今年スタートした新しい英語学習プログラム「One Month Program TOEIC®」は、なんと、たった1ヶ月でTOEIC®750点獲得を目指すという、短期集中プログラムです。自分の限界に挑戦する、本気の1ヶ月。興味がある方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

英語の勉強

短期集中TOEIC®特化型プログラム「One Month Program TOEIC®」https://www.ten-nine.co.jp/onemonth-toeic/

(記事協力:テンナイン・コミュニケーション

この記事を書いた人
Nice to meet you!

通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン

通訳者さんがわかりやすく教えてくれる朝の英語レッスン♪
Written by

テンナイン・コミュニケーション

7000名以上の通訳者・翻訳者をネットワークする通訳エージェント「テンナイン・コミュニケーション」。大手外資系企業や日系企業へ通訳者を派遣。通訳者の育成にも力を入れる。

◆【NEW!】1ヶ月でTOEIC(r)750点を目指す短期集中TOEIC®特化型プログラム「One MonthProgram TOEIC®」:https://www.ten-nine.co.jp/onemonth-toeic/

◆テンナイン・コミュニケーション:http://www.ten-nine.co.jp/

◆「英語で仕事をする人の応援サイト Hi!Career」:https://www.hicareer.jp/

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング