Badだけじゃ足りない!?「悪い」を意味する英単語2選

毎週水・金曜日更新!通訳者・翻訳者をネットワークするテンナイン・コミュニケーションとのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。水曜日は、英語や海外に関するトピックをご紹介します♪

バツ印

Badだけじゃ足りない!?「悪い」を意味する英単語2選

「悪い」を英語で言うとまず “Bad” が思い浮かぶかもしれません。今日は、この “Bad” 以外で「悪い」を表したいという時に使える英単語を2つご紹介します。

terrible(=最悪)

「悪い」を表す単語の中でも、最もネガティブの度合いが強い単語と言えます。例えば

I had a terrible day today!(=今日は最悪だった!)

などと表現できます。続いて

awful(=ひどく悪い)

こちらは “terrible” より少し丁寧な言い方ですが

I am an awful cook.(=私は料理が本当に下手なんです)

というように、“bad”よりも少し悪いニュアンスを表したい時に使われます。

場面に応じて色々な「悪い」を使い分けてみましょう!

(記事協力:テンナイン・コミュニケーション

この記事を書いた人
Nice to meet you!

通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン

通訳者さんがわかりやすく教えてくれる朝の英語レッスン♪
Written by

テンナイン・コミュニケーション

7000名以上の通訳者・翻訳者をネットワークする通訳エージェント「テンナイン・コミュニケーション」。大手外資系企業や日系企業へ通訳者を派遣。通訳者の育成にも力を入れる。

◆【NEW!】1ヶ月でTOEIC(r)750点を目指す短期集中TOEIC®特化型プログラム「One MonthProgram TOEIC®」:https://www.ten-nine.co.jp/onemonth-toeic/

◆テンナイン・コミュニケーション:http://www.ten-nine.co.jp/

◆「英語で仕事をする人の応援サイト Hi!Career」:https://www.hicareer.jp/

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング