sour(=サワー)には要注意!「酸っぱい」の正しい英語表現

毎週水・金曜日更新!通訳者・翻訳者をネットワークするテンナイン・コミュニケーションとのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。水曜日は、英語や海外に関するトピックをご紹介します♪
酸っぱい!

sour(=サワー)には要注意!「酸っぱい」の正しい英語表現

酸っぱいは英語で

sour(=サワー)

だと覚えていませんか?実は、“sour” のほかに

tangy(=テンギー)

という表現もあります。

“sour” というのは、レモンを生でかじった時などのような顔をしかめる酸っぱさで、酸っぱくてそれ以上食べたくない!というネガティブな感じでよく使われます。

一方で、レモネードやレアチーズケーキなど、酸っぱくて甘い美味しい酸っぱさを表すなら “tangy” のほうが適切といえます。

酸っぱさの種類にあわせて上手に使い分けてくださいね^^

(記事協力:テンナイン・コミュニケーション

この記事を書いた人
Nice to meet you!

通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン

通訳者さんがわかりやすく教えてくれる朝の英語レッスン♪
Written by

テンナイン・コミュニケーション

7000名以上の通訳者・翻訳者をネットワークする通訳エージェント「テンナイン・コミュニケーション」。大手外資系企業や日系企業へ通訳者を派遣。通訳者の育成にも力を入れる。

◆テンナイン・コミュニケーション:http://www.ten-nine.co.jp/
◆「英語で仕事をする人の応援サイト Hi!Career」:https://www.hicareer.jp/

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング