アイスコーヒーに付き物のアレを英語で言ってみる

 

おはようございます♬

そういえばすっかり秋の気配になりつつあるシアトル。
アイスアメリカーノの出番が減ってきて
今さら思い出した15年前の出来事が本日のネタでございます。

 

その昔、会社に派遣してもらって
シアトルで3か月ほど学生をしていた頃
学校のそばにあったEspresso Vivace
カップにロゼッタ状の葉を描くラテ・アートを
シアトルのカフェで採り入れた初めてのカフェ※
アイスラテを頼んだときのこと。

甘味が欲しいなとガムシロップを探して
カウンターを見渡すとそれらしきものがない…

あるのは低脂肪から無脂肪、そして普通のミルクと
これまた精製してある砂糖からされていない砂糖に
カロリーコントロールされている砂糖だけ。

 

そこでつたないなりに英語で定員さんに聞いてみる。
「Do you have some “gum syrups”?」
=”ガムシロップ”はありますか?

「What? What is gum syrup?」
=え?ガムシロップってなんですか?

「Hmmmm, it’s like liquid sugar.」
=うーん、液状の砂糖みたいなものです。

「Sorry, we don’t have it, you can use those sugars.」
=残念ですがうちにはありません、
そこの(粉末の)砂糖使えますよ。

 

ええええええええええええ
本気ですか?アイスラテに粉末の砂糖?

しかし郷に入ったら郷に従え。
以降、数年間ここアメリカでは
冷たいコーヒーに砂糖を入れ
一生懸命かき混ぜても
なおじゃりじゃり言わせながら
美味しくいただいたものでした(:_;)

調べてみるとガムシロップとはこんな感じ
砂糖・水・アラビアガムを煮込んで作った甘味料。
しかし、存在が認められるのは(当時)
東アジア、ときに東南アジアで
欧米では認知度が非常に低いものだったようです。

そこから数年経つとスタバなどでは
甘いフレーバーシロップが登場し
注文時にお願いすると入れてくれるようになるのですが
それはまた(自分で入れる)ガムシロ問題とは別の話。

 

 

しかしあれから15年…
最近のシアトルではなんと!!!!

 

 

 

 

瓶に入った液状の砂糖。
いわゆるガムシロ的なアレ、が
ときどきカフェに出現するようになったのです!←すごい進化!

よく見ると「simple SYRUP」と書いてあります。

ぬおおおおお、めっちゃ嬉しい♡
まさしくThat’s the stuff.
その通り(まさにそれそれ!)

こんな小さいことだけど
意外な「アメリカあるある」笑

みなさま、アメリカ旅行の際にはぜひご注目のほど。
ちなみに、日本でいうガムシロ的なものが欲しいとき
『Corn Syrup』『Liquid Sugar』と言うといいかも。
なぜかGum Syrupは通じませんのでお見知りおきを。

日本はまだまだ冷たいアイスコーヒーが美味しい夏でしょうね♬
美味しい飲み物でみなさまどうぞSweetな1日を♡

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

世界の朝の人気ランキング