「昼の12時」は英語で何と言う?日本とは違う時間表現のいろいろ

毎週水・金曜日更新!オンライン型英会話学習教材「シャドースピーキング」事務局とのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。金曜日は、今話題のニュースに関する英語表現をご紹介します♪

「昼の12時」は英語で何と言う?

本日7月13日は「日本標準時刻記念日」。

それまで独自の時間制度を取ってきた日本が、明治19年に世界と同様の標準時間を適用した日だそうです。

では、日本標準時刻記念日にちなんで問題です。

「昼の12時」を英語では何というでしょうか?

正解は、「12pm」です。

12pmと聞くと「夜中の12時」と思いがちですが、英語では0pmは使いません。

12pm, 1pm, 2pm, 3pm・・・のように時間を表しますので、英語で時間を表記する際には気を付けてくださいね!

ちなみに「夜中の12時」は12amです。

ややこしいですね。

他にも時間にまつわる表現をお知らせします。

ten to five(5時まで10分=4時50分)

five past three(3時から5分過ぎている=3時5分)

half past ten(10時から30分過ぎている=10時30分)

日本と英語圏で、時間の捉え方が違うのも面白いですよね。

皆さんもぜひ使ってみてください。

(記事協力:シャドースピーキング事務局

この記事を書いた人
Nice to meet you!

通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン

通訳者さんがわかりやすく教えてくれる朝の英語レッスン♪
Written by

テンナイン・コミュニケーション

7000名以上の通訳者・翻訳者をネットワークする通訳エージェント「テンナイン・コミュニケーション」。大手外資系企業や日系企業へ通訳者を派遣。通訳者の育成にも力を入れる。

◆テンナイン・コミュニケーション:http://www.ten-nine.co.jp/
◆「英語で仕事をする人の応援サイト Hi!Career」:https://www.hicareer.jp/

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング