覚えやすい!「黒字」を英語ではどう言う?

 

毎週水・金曜日更新!オンライン型英会話学習教材「シャドースピーキング」事務局とのコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。金曜日は、今話題のニュースに関する英語表現をご紹介します♪
業績アップ

知らなかった!「黒字」を英語ではどう言う?

シャープの社長が、「東芝から買収するPC事業を2年で黒字化する」との目標を掲げました。

さてこの「黒字」、英語では何と言うでしょうか?

正解は、英語でも日本語そのまま「black(黒)」です。

Sharp is in the black again.(=シャープは、再び黒字へ)

状態として「黒字である」と言いたい時には、上の例文のように「be in the black」と言います。

逆に「赤字」も、日本語そのまま「red」です。

Facebook stock is in the red.(Facebookの株価が赤字

というようにニュースのタイトルに使われています。

以前の記事でご紹介した、「英語では通じない和製英語」とは違い、日本語と英語で同じ表現だと覚えやすいですね。

(記事協力:シャドースピーキング事務局

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン

通訳者さんがわかりやすく教えてくれる朝の英語レッスン♪
Written by

テンナイン・コミュニケーション

7000名以上の通訳者・翻訳者をネットワークする通訳エージェント「テンナイン・コミュニケーション」。大手外資系企業や日系企業へ通訳者を派遣。通訳者の育成にも力を入れる。

◆【NEW!】1ヶ月でTOEIC(r)750点を目指す短期集中TOEIC®特化型プログラム「One MonthProgram TOEIC®」:https://www.ten-nine.co.jp/onemonth-toeic/

◆テンナイン・コミュニケーション:http://www.ten-nine.co.jp/

◆「英語で仕事をする人の応援サイト Hi!Career」:https://www.hicareer.jp/

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング