BLOG

いつもの朝が来るように。明日は元気になれる本『6粒と半分のお米』

 

今日の「まっこリ~ナのカフェボンボン」の本棚は、『6粒と半分のお米』

ささやかで、たよりない日常を大切に守りたくなる。夫婦脚本家・小説家の木皿泉のエッセイやインタビュー、シナリオなどを収録した一冊です。


木皿食堂2 6粒と半分のお米
著者:木皿泉
出版社:双葉社

ダンナさんの誕生日に送られてきた小包に、お米が三粒まぎれこんでいた。次の日もその次の日も数粒ずつ。お米を見つけるたびふたりは嬉しくて、そのお米が夫婦を守るために友人が送ってくれた使者のように思えてくる。

こんな何気ない日常に、夫婦の小さなよろこびがにじみでて、じーんとします。

ふたりが言葉を通して伝えてきたこと。それは、帰る場所があると思えるだけで人は生きていけるということ。いま見えているものだけがすべてではない。どんなにつらいときでも、またいつもの朝がくるから……。

お金や数字といった結果だけがすべてではないとも。フィギュアスケートの浅田真央さんがソチオリンピックで見せた素晴らしい演技についても触れています。彼女が見せてくれたのは「魂」というものだったと木皿泉さん。そして今日、私はふたたび「魂」を感じながらオリンピックを見ています。

心の琴線に触れる言葉と出会える一冊をぜひどうぞ。

Love, まっこリ〜ナ

「まっこリ~ナのカフェボンボン」を読んでくださってありがとうございます。「カフェボンボン」が心ときめく本との出会いの場となりますように。

*朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』連載一覧はこちらです。
https://asajikan.jp/topics/cafebonbon/

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』はこちら>>

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝読書のすすめ『まっこリ~ナのCafe BonBon』

公式ブログ
小説から絵本まで、編集者が選ぶ”朝読書”におすすめの1冊
Written by

まっこリ〜ナ

編集者・ライター

出版社勤務を経てフリーランスに。図鑑や写真集、子どもの本や雑誌などの編集に携わる。本がくれる愛のチカラを糧に生きる日々。いちばん好きな本の主人公は長くつ下のピッピ。
趣味は草花園芸、編み物、ランニング、スポーツ観戦。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

今日の朝の人気ランキング