「Road Trip~海辺の町ダーバン~」

 

おはようございます!

5月に入り日本ではGWを満喫中だと思います。私も先日親戚の結婚式があり、5日間でしたが、家族皆んなで南アフリカでの初めての国内旅行に出かけました。車で約5時間のRoad Tripです。

海辺の町、ダーバン。南アフリの3つの代表的な都市は、ヨハネスブルグ、ケープタウン、そしてダーバンです。

IMG_5632

ヨハネスブルグよりも太陽を近くに感じる、年間を通して温暖な町。滞在先は明るく、そして、快適な空間でした。

IMG_5555

IMG_5552

ホテルではない、いつもと違う場所に滞在することは、ここ数年の旅の楽しみ方のポイントです。

IMG_5500

IMG_5557

IMG_5501

「暮らすように旅をする」とは良く耳にしますが、五感で楽しみ、そしてその町のリアルな空気感に触れることは、非日常を日常のように楽しむ面白さ」だと思っています。

海辺の町への楽しみと言えば、毎朝車で5分でビーチに「日の出」を見に行くことでした。ダーバンで感じるインド洋の波の力強さには驚きました。日中はまた別のビーチへ出かけ波遊び。

IMG_5589

同じ海でも、朝陽でも、場所が変わると感じ方も随分と違います。

IMG_5628

朝陽を目の前に筋トレをする人、ランニングをする人、犬とお散歩をする人、サーフィンを楽しむ人(ダーバンは世界的にも有名なサーフィンスポットの一つでもあります)海辺のレストランで朝食を楽しむ人、とにかく朝時間を楽しむ人達で日中のようにすでに賑わっています。

IMG_5647

朝陽を浴びた後はカフェで一休みし、朝食作り。

簡単なのだけれど、昼食や夕食はレストランに出かける楽しみもあるので、胃を少し休めつつ滞在先でシンプルなものを作ってダイニングテーブルを囲ってみんなで「いただきます!」したいですよね。

IMG_5553

明るい広々としたキッチンで料理するのもリフレッシュになります。

IMG_5559

 

IMG_5610

そして、夜はバルコニーで初のBraai(ブラーイ)体験。南アフリカで欠かすことのできないブラーイと呼ばれるバーベキューは、家族団欒や友人達との交流の定番でもあり、一つの食文化です。アフリカの広大な大地で育った野生動物のお肉、そして、ビーフやポークにコリアンダーを合わせたブルボスと呼ばれているソーセージを炭火で焼くのですが、最高です。

IMG_5513

肉の世界地図です。

IMG_5516

旅に出ること、特に初めての場所への旅は、聞こえてくる言葉の雰囲気や、街の匂い、飲み食べするものの味、街並みの色味・・・五感すべてが未知のもの浸れる瞬間は旅ならではの得られる価値ではないでしょうか。そんな風に感じます。

せっかく旅に出たのならば、色々体験して楽しんだもの勝ち。

皆様もそんな気持ちで、小さな旅へ出かけて、その場所ならではの時間を楽しんでみてくださいね〜!

Mai

 

 

 

 

 

 

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【南アフリカ共和国】Rainbow Tune!!!!!

南アフリカ共和国・ヨハネスブルグ在住レポーターから届くカラフルな朝時間
Written by

Mai(南アフリカ共和国在住)

(南アフリカ共和国・ヨハネスブルグ在住)
日本では看護師、料理家、フードコーディネーター、公認サルベージシェフとして活躍。2017年3月南アフリカ人の夫と共にヨハネスブルグへ移住。南アフリカの日常から、まだまだ知られていないカラフルな魅力を発信していきます。
ホームページはこちら >>
Instagramはこちら >>

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

世界の朝の人気ランキング