冬こそ美白!朝のスキンケアで透明感ある美肌になるコツ3つ

おはようございます!キレイナビ代表・美容家の飯塚美香です。

1月になり気温もぐっと下がってきましたね。寒い冬はUV対策や美白ケアをしていない方も多いようですが、それは危険なこと!冬こそUV対策と美白が必要なのです。朝のスキンケアで透明感のある美肌を手に入れるコツをご紹介します。

なぜ冬こそ美白ケア?

girl-767202_960_720

UV対策や美白ケアは夏だけという方!紫外線は夏だけでなく1年中降り注いでいます。冬は紫外線にプラスして空気が乾燥しているので、肌が紫外線ダメージを受けやすい状態。夏に紫外線を多く浴びていると、冬にシミになってしまうことも多いのです。

また、蓄積された紫外線ダメージと急激な肌の乾燥で、肌のターンオーバーがスムーズにいかなくなってしまうと、メラニンが排出されにくくなります。冬こそ美白ケアが大切なのです。

【冬の美白ケアその1】まずは保湿に力を入れる

朝のスキンケアでは、まず保湿に力を入れましょう。冬は眠っている間に汗をほとんどかきませんので、夜のスキンケアの油分やほこりを落とす程度の軽い洗顔にしておきます。肌の汚れだけでなく皮脂まで取り去ってしまわないよう、洗顔料の泡で肌をなでるようにするだけでOKです。

熱いお湯で洗い流すと肌の乾燥が進むので、やや冷たいと感じる温度のぬるま湯を使いましょう。

洗顔後はすぐに化粧水をたっぷりと使い、水分をチャージ。シートマスクを使うのもおすすめです。セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が配合された美容液を重ね、仕上げは乳液ではなく日中用のクリームを使って水分と閉じ込めます。

【冬の美白ケアその2】美白コスメは美容液がおすすめ

aroma-906137_960_720

美白コスメはライン使いをしても効果的ですが、いつものお手入れに1つだけをプラスするなら、美容液がおすすめです。保湿用の美容液と美白用の美容液では、より化粧水に近いテクスチャーの方を先に使います。

以前は美白用の美容液は肌を乾燥させるものが多かったのですが、今は保湿ケアも兼ね備えたものが多くなっています。美白美容液だけで肌が充分潤うようでしたら、保湿用の美容液は省いてもよいでしょう。

肌になじませたら手で顔全体を覆ってハンドプレス。美白成分が肌にしっかりと入るように丁寧につけましょう。シミが気になる部分には重ね付けや、スポッツタイプの集中美白美容液を使うのもおすすめです。

【冬の美白ケアその3】冬でもUV対策は必須です!

sun-687707_960_720

夏ほどではないとはいえ、冬でも紫外線は降り注いでいます。メイクの前にはUVケア効果のある日焼け止めや化粧下地を使いましょう。

アウトドアなどで1日中屋外で過ごす日はSPF50以上のものを、通勤や買い物程度の外出でしたらSPF20程度でよいでしょう。特に天気の良い日は冬でも紫外線量が多くなりますので、しっかりとUV対策をしておきましょう。

冬の美白ケアは第一に保湿。肌を乾燥から守り、潤いを逃がさないようにしておくことで、美白コスメも効果を発揮します。冬にシミを作らないよう朝からケアをしていきましょう!

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝のビューティー習慣123♪

スキンケア術やメイクなど、朝からキレイを磨くための習慣
Written by

飯塚美香

有限会社アイアール代表取締役。美容コミュニティサイト「キレイナビ」を運営する他、長年のインターネットと美容の知識を生かし美容ライターとしても活躍。ポータルサイトでの美容コラム執筆、美容関連サイトの監修やライター講師などを担当する。日本ダイエット健康協会認定インストラクター等の資格を生かし、外側だけでなく体の中からの健康的な美しさを追求する。ダイエットの講師を務める他、全国各地で美容イベントを開催。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

ヘルス&ビューティーの人気ランキング