今すぐやって!「シミ予防」のためのスキンケア習慣3つ

 

おはようございます。エステティシャン・美容家の永松 麻美です。皆さんにおすすめしたい朝美容コスメやテクニックを土曜日(隔週)にお届けしています。

今朝のテーマは、今すぐやってほしい!「シミ予防」のためのスキンケア習慣を3つ紹介します。

【1】定番だからこそ徹底したい!「日焼け止め」の塗布

スキンケアする女性

日焼け止めは毎日365日必須、という点は、美容雑誌やサイト、美容本ではもはや底場はこちらの定番の知識。耳に(目に?)タコができそう、と思うかもしれません。

しかし、やはりこれが基本中の基本!日焼け止めを塗らずに美白美容液を塗ったとしても、効果は半減します。

ということで、シミ予防のためには、まずは日焼け止めの習慣化から取りかかりましょう。

ポイントは「量」と「塗り直し」。日焼け止めは塗る量が少ないとしっかりと効果を発揮してくれないので、たっぷりと塗りましょう。

また、汗、皮脂、こすれなどで落ちてしまうので塗り直しを。メイクの上からは、「紫外線防止効果」のあるフェイスパウダーなどをメイク直しの要領で重ね付けすればOKです。また、日傘やサングラス、ストールなども上手に活用しましょう。

【2】体内から美白!ビタミンCなど「抗酸化物質」を摂取

ビタミンたっぷりの柑橘類

シミの予防にはビタミンC・ビタミンEの摂取も欠かせません。血行を促進、抗酸化作用のあるビタミンE、シミのもとになるメラニン色素の生成を抑えるビタミンCは、積極的に摂取しましょう。

サプリメントも良いですが、ビタミンCならブロッコリー、イチゴ、パセリ、オレンジ、ビタミンEはアボカド、ナッツ、サーモンなどに多く含まれています。

ビタミンCは血中にのっている時間が短いため、サプリメントで摂取する際は、1日1回、ではなく朝・昼・晩などなるべく間隔を開けずにこまめに摂取がおすすめです。

【3】一年中「美白成分配合」の化粧品をチョイス

スキンケア

美白成分には様々な種類がありますが、基本的には「メラニンの生成を抑えてシミを予防」する効果がメインのものが多数です。そのため、やはり予防的な効果が主軸になります。

『なんだ、今あるシミには効かないの?』と思うかもしれませんが、今シミがあるなら、これからどんどん濃くなったり増えたりする可能性が高いため、進行を食い止めるためにも予防ケアは必須です。

大切なのは、「夏の間だけ使用する」のではなく、一年を通して美白ケアを継続していくこと

ビタミンCなどの成分であればシミ予防だけではなく、毛穴トラブルの予防やハリなどオールマイティな活躍が期待できます。シミ予防以外に狙いたい効果がある美容液など自分にあった製品を探してみてくださいね!

【まとめ】毛穴は今よりも目立たなくできる!

とにかく紫外線を予防する、シミ予防に効く栄養を食品で摂る、美白化粧品を取り入れる。この3つのステップで新しいシミができて育っていくのを予防していきましょう。

今シミがない人も、今シミで悩んでいる人も。シミだけではなく、シワや肌トラブルの予防などにもつながるケアなので、ぜひ習慣化してみてくださいね。

【こちらもおすすめ☆】肌やスキンケアの正しい知識がわかる『美肌事典』

美肌事典

“やりすぎ”をやめれば、肌がよみがえる!書籍『正しい知識がわかる 美肌事典』(https://asajikan.jp/article/203383)

東大卒皮膚科医の櫻井直樹(さくらい なおき)さん監修のもと、永松麻美さんが執筆した書籍『正しい知識がわかる美肌事典』。

今日ご紹介したNGスキンケアをはじめ、知っておくと一生役立つスキンケアや肌の情報が満載の、まさに事典のような一冊です!自分にあう正しいスキンケアに出会いたい!と思っている方、ぜひ手にとってみてださい♪

☆この連載は【隔週土曜日】に更新します。次回もどうぞお楽しみに!

 

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

もっと自分を好きになる!カンタン朝美容

肌の健康をキープ!エスティシャンに教わる朝のカンタン美容術♪
Written by

エステティシャン 永松麻美

自身が幼少期から10年以上ニキビや肌荒れ・肥満で悩んだことからエステティシャンに。「肌の健康を第一に」に考え、肌分析を軸にしたパーソナルなケアを提案するフェイシャル専門サロン&スクールの運営、美容講座の開催や執筆などもおこなっている。

公式ホームページ:https://suhada-salon.com/
Instagram:@asami.nagamatsu/

連載記事一覧

ヘルス&ビューティーの人気ランキング