シミが目立つ秋がくる前に!今するべき「夏のダメージ肌」対策

book-15584_960_720

おはようございます!キレイナビ代表・美容家の飯塚美香です。8月も残すところあと1週間。まだ終わりではありませんが、今年の夏も暑かったですね。

紫外線、エアコンによる乾燥、汗などにより、夏は、肌が大きなダメージを受けています。いまこそ、疲れた夏の肌を優しくケアして、これからの秋冬に備えましょう。

【対策その1】ダメージ肌には「徹底的な保湿」

4c40fd9c9ab0e3579515dc2bc84744ee_s

ダメージを受けた肌は、ターンオーバーが乱れて、うまく肌の新陳代謝ができなくなります。肌のバリア機能も衰えるため、乾燥しやすい状態に。乾燥していると、美白ケアをしても効果が出にくくなります。まずは、徹底的な保湿を心がけましょう。

保湿ケアは夜寝る前はもちろん、朝が大切です。なぜなら、夜から朝にかけてより、朝から夜にかけての時間の方が長く、日中は日差しを浴びたり冷房の効いた室内にいることが多いですよね。

朝は、洗顔後に保湿力の高いシートマスクをして、潤いで満たしてあげましょう。セラミド配合なら、保湿だけでなく肌のバリア機能を高めてくれます。シートマスクをしながら着替えや朝食作りなどをすれば、時間がない朝でも保湿ケアができます。

暑いからといって、乳液やクリームを付けないのはNG!シートマスクの後は、乳液やクリームの油分で、水分を逃がさないようにしましょう。

【対策その2】美白アイテムは「秋も続けて&顏全体に」

HT108_L

夏の間は美白化粧品を使っていても、秋になるとやめてしまう方もいますよね。しかし、夏に浴びた紫外線の影響でシミが目立ってくるのは秋から。秋こそ美白化粧品が必要なのです。

美白化粧品は、シミが目立つ部分だではなく、顏全体に使うのがおすすめ。シミとして出ている部分以外にも、肌の奥にはシミ予備群が潜んでいます。朝に使うなら、美白機能付きの日焼け止めやコンシーラーを。美白美容成分配合で、紫外線を防ぎながらシミ・そばかすをケアできます。

【対策その3】「カラフル食材」で体の中からケア

vegetables-790022_960_720

スキンケアは、外側からだけでは完結しません!食事で栄養を摂り、体の中からもケアしていきましょう。夏のダメージ肌に効果的なのは、「カラフル食材」赤いトマトにはリコピン、緑や黄色の野菜や果物にはビタミンC、紫のなすにはポリフェノール、ピンク色の鮭にはアスタキサンが豊富です。

今挙げた成分は、いずれも強い「抗酸化作用」があります。紫外線を浴びて酸化した細胞を修復してくれるので、夏のダメージ肌ケアにぴったり。食事を摂る時は、お皿の上がカラフルになるように意識してみて下さい。

夏の肌ダメージは放っておくと、シミやシワ、たるみなど肌を老化させる原因になります。今からケアすればまだ間に合う!スキンケアと食事に気を付けて秋冬の厳しい乾燥にも負けない元気な肌を目指しましょう!

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝のビューティー習慣123♪

スキンケア術やメイクなど、朝からキレイを磨くための習慣
Written by

飯塚美香

有限会社アイアール代表取締役。美容コミュニティサイト「キレイナビ」を運営する他、長年のインターネットと美容の知識を生かし美容ライターとしても活躍。ポータルサイトでの美容コラム執筆、美容関連サイトの監修やライター講師などを担当する。日本ダイエット健康協会認定インストラクター等の資格を生かし、外側だけでなく体の中からの健康的な美しさを追求する。ダイエットの講師を務める他、全国各地で美容イベントを開催。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

ヘルス&ビューティーの人気ランキング