『断捨離』って英語でどう説明する?

 

おはようございます♬
シアトルは朝晩はすっかりジャケットが手放せない季節に…

そんなわけで週末に衣替えをしてみました♬
衣替えは英語で

changing (one’s) dress for the season
☆ seasonal change of clothing

というようですが、実はこの話をシアトル人にすると
「え?衣替えなんてしないよ。
夏に着てた洋服にジャケット羽織るだけじゃない?」
というつわものが案外多くてびっくりします。

さすが、全米一(人気のあるエリアにも拘らず)おしゃれさんがいない街

たしかに日本と比べたら大きめのクローゼット
わざわざ『春&夏』と『秋&冬』のように仕分けなくても
スペースに苦労することはなさそう。

でも、でも、私の住んでいるアパートは
東京で働いていた時代に住んでいたアパートに
負けず劣らず狭いので、私は衣替えが必要( ;∀;)

それに先日ポストに入っていたこれが気になっていたので
recycle

 

 

 

 

 

 

思い切って『断捨離』も決行してみることにしました♬

このチラシは
◆ 家庭で不要なものを集めて
◆ ネットか電話で予約をすると
◆ 引き取りに来てくれるというもの
リサイクル(Recycle)、寄付(Donation)をする、というもの。

ただ、捨てる。のではなく誰かの役に立つので少し嬉しくもあるので
寄付をする洋服を選ぶのも、気分が違います。

どんな女性が着るのかなぁ
喜んでくれるかなぁ
なんて思いながら紙袋に入れていったら
donate

 

 

 

 

 

 

大きな紙袋2つ分になってました( `ー´)ノ

すごい達成感♡

 

ここのセンターは、他の業者さんと違って
寄付した品物の代金分が、免税される書類をくれる
なんともナイスな業者さん。

アメリカで節税はバカにならないので
大喜びして書類を受け取ったのは言うまでもありませんw

 

 

そんなわけで実は英語には『断捨離』という言葉はありません。

どうやら
throw away the clutter in my life=人生にいらないものを捨てる
※clutterはガラクタ、などの意味があります
unclutter my life=人生に邪魔なものを片付ける
あたりが、今の私の英語力では妥当なところでしょうか(´・ω・`)

 

洋服の断捨離が済んだら、次は何をしよう。

自分にとって必要ないものを捨てると
必要な何かが入ってくるスペース
が出来る。
やっぱり断捨離(仏教用語でしたよね)って奥が深い。

みなさまも、すっきりした気分でSweetな1日を♡

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

世界の朝の人気ランキング