朝こそ使いたい!時短でしっとり「シートマスク」3つの裏ワザ

20160912

おはようございます!キレイナビ代表・美容家の飯塚美香です。

9月も中旬にさしかかり、少しずつ秋の気配を感じるようになりました。秋から冬は乾燥の本番!夏の紫外線ダメージをリセットするためにも、スキンケアでは保湿が最重要。

そこで、忙しい朝にも簡単にできる「シートマスクを使ったお手入れ方法」3つの裏技をご紹介します。

【裏ワザ その1】 クリームを重ねて最後にひっくり返す!

H

洗顔後にシートマスクを付けたら、その上にクリームを多めに塗ります。シートマスクにクリームを塗ってどうするの?と思われるかもしれませんが、こうすることでシートマスク中に水分が蒸発していくのを防げます

朝は、身支度をしながらシートマスクをすることが多いですよね。いつのまにかに時間が経ち過ぎて、逆に肌の水分がシートマスクに奪われてしまうことも。クリームを塗ることでそれを予防できます。

また、シートマスクが終わったらそのままひっくり返してクリームが付いた面を肌にON!手で覆ってなじませてからはがせば、クリームまでのお手入れが完了です。

【裏ワザ その2】シートマスクの2枚、3枚重ね技

c0666849712219691d2eaa15d8784ce2_m

美白美容液、保湿美容液、目元用美容液を、何種類も付けている方。朝の忙しい時に、あれこれと化粧品を使うのは大変ですよね。そんな時にもシートマスクは大活躍。

まず目元用のシートマスクを付けたら、その上に美白用のシートマスクを重ねます。さらにその上に保湿用のシートマスクを重ねるのです。数分置いてなじませたら、今度は3枚のシートマスクをそのままひっくり返して再び肌にON!今度は保湿用シートマスクが肌に密着し、潤いをチャージ。

美白ケア、保湿ケア、アイケアを時短で行うことができます。

【裏ワザ その3】使い終わったシートマスクでボディケア

HT

顔に使ったシートマスクをそのまま捨ててしまうのはもったいない!首やデコルテ、腕、脚などをシートマスクで拭き取るようになじませましょう。顔に使った後でも、まだまだ美容成分は残っています。ひじ、ひざ、くるぶしなど角質が硬くなりがちな部分には特に念入りになじませます。

そして最後に、シートマスクをフローリングなどの床に置き(※)、その上で足踏みをします。これで、足の裏も保湿されて、かかとのガサガサやひび割れもケアできるでしょう。

(※編集部注:液がついたままでは滑ることがあるので、終わったあとは絞ったぞうきんなどでしっかり床を拭いてくださいね)


シートマスクは、ゆっくり時間がある夜しか使わない、という方!忙しい朝こそ、シートマスクが大活躍します!

裏ワザを賢く使って、時短スキンケアに役立ててみてはいかがでしょうか。肌のキメが整ってメイクのノリもよくなりますよ。

この記事を書いた人
Nice to meet you!

朝のビューティー習慣123♪

スキンケア術やメイクなど、朝からキレイを磨くための習慣
Written by

美容家 飯塚美香

有限会社アイアール代表取締役。美容コミュニティサイト「キレイナビ」を運営する他、長年のインターネットと美容の知識を生かし美容ライターとしても活躍。ポータルサイトでの美容コラム執筆、美容関連サイトの監修やライター講師などを担当する。日本ダイエット健康協会認定インストラクター等の資格を生かし、外側だけでなく体の中からの健康的な美しさを追求する。ダイエットの講師を務める他、全国各地で美容イベントを開催。

連載記事一覧

みんなの朝時間.jpツイート

ヘルス&ビューティーの人気ランキング