アメリカの赤と青(大統領選挙のニュースから)

 

おはようございます♬

今朝もニュースではドナルド・トランプ氏の話題ばかり。

好きだ嫌いだ意見はあっても
こんなに毎日彼の一挙手一投足に注目していたら
日本だったら問題になりそうなアメリカ大統領選挙ですが

ところ違えば問題なし、みたいです(@_@)

そんなわけで今朝、仕事の前に通りかかったこの

clipper

 

 

 

 

 

 

Victoria Clipper(お隣カナダまで走っている船)を横目で見ながら
アメリカの2大政党(青と赤)について考えてました。

渡米して2年。
よく考えればアメリカの2大政党の名前も特徴もよくわかっていない私。

ここでネット(主にウィキ)を駆使して自分なりに調査を開始!

Democrat民主党(:リベラルと呼ばれてます)

『リベラル(=自由主義)』を掲げ、環境・人種・福祉問題に積極的
そして、今はヒラリー・クリントンさんが候補になるのかな、というところ

こちらではBlue State、と言うと「リベラルな州」とされるので
青=民主党、のイメージ

彼らを支持している層というのが
・西海岸(私の住むシアトルを含むワシントン州やカリフォルニア州など)
・東海岸(ボストンやNYの辺り)
・五大湖周辺(シカゴのあるイリノイ州やウィスコンシン州など)
そして高学歴層と、いわゆるマイノリティ(人種的にも性嗜好的にも)

もう1つが今話題のトランプ氏の所属している
☆Republican共和党(:保守派と呼ばれてます)

『Neoconservatism(=新保守主義)』を掲げ
他国への介入主義・経済効率や大企業の発展を重視
また、同性愛や中絶に対して強固に反対している層
※銃の愛好家・敬虔なキリスト教徒に多いイメージ

民主党の青に対し、共和党=「赤」

彼らを支持しているのが、上で挙げた州以外のほとんど
大企業・軍事関連企業・キリスト教右派・中南部の富裕層
そして保守派の白人層、と言われています。

——————————————————————☆

トランプ氏だけを見ていると
保守派ってすごく差別酷くない?
てかあのひと大丈夫?って思ってしまいそうですが

彼らの信念は「アメリカ建国時代の思想に戻る」点。
愛国心やアメリカを良い国にしたいと言う気持ちが強い党。

それが飛躍しすぎるとトランプ氏のように
「強いアメリカに戻そう!移民を蹴散らせ!」なってしまうのですが…
※奥さん移民なはずなのに…涙

反対にリベラルな人たちは
建国当初はヨーロッパから入植してきたキリスト教系の白人が多かったのに
移民が増え、人種や宗教だけでなく
文化や嗜好などの多様性が生まれていった背景から

その多様性を受け入れ、相手が何者であっても
お互いに平等であろうとするのが彼らの特徴。

ここシアトルは港町ですから多様な人種が住んでいるし
全米一ゲイフレンドリー(性的マイノリティに寛容)な街と言われています。
自分が日本人ということもあって、おのずとリベラルを支持したいのですが

選挙権がないので投票できません、残念!( ;∀;)

長くなってしまいましたが、まぁ簡単に言うと
『西海岸沿い・東海岸沿い・そして東海岸よりの北部=リベラル
それ以外=たいてい保守』

こんなザックリ感でアメリカを見てもいいんじゃないかな?
とオチがない状態ですが、みなさまどうぞSweetな1日を♡

 

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

世界の朝の人気ランキング