小麦をやめたら痩せますか?「グルテンフリー」とダイエットの関係

 

おはようございます。朝美人アンバサダーで、ダイエット講師岩瀬結暉です。

今回はよく耳にする「グルテンフリー」について、ダイエットの関係と合わせて解説します。

グルテンフリーの定義って?

食パン

グルテンフリーとは、小麦に含まれている穀物のタンパク質の主成分である『グルテン』を摂取しない食事法のこと。

小麦と聞くと、パンや麺類などを想像する方が多いと思いますが、小麦粉でとろみをつけるカレーやシチュー、お味噌汁の具の「お麩」などにも、グルテンが入っています。

もともとグルテンフリーは、グルテンを摂取することで腸の細胞が破壊される「セリアック病」の改善や、小麦アレルギーの人が実践していた食事法でした。

しかし、近年では小麦アレルギーが無い人でも、グルテンは消化されにくく、分解されなかったグルテンが消化器官の粘膜にこびりつき、炎症を起こすことが分かってきました。その炎症のせいで、便秘・下痢・頭痛・倦怠感・睡眠障害・生理痛や生理不順・イライラなど身体の不調につながりやすくなるとされています。

グルテンフリーの食生活を行うことで、人によっては、体質や肌質の改善が期待できるといわれています。

ダイエットとの関係は?

ダイエットのイメージ

糖質が多く太りやすいといわれる小麦を摂らないグルテンフリーを意識していても、小麦以外の糖質をしっかり摂取していれば、体脂肪は減りません。

しかし、普段から麺類やパンを食べていた人だと、グルテンフリーにより一時的に糖質の量が減って、体脂肪が減る可能性は高いです(私自身がそうでした)

小麦以外の糖質の摂取量も控えながらグルテンフリーを実践すると、便秘や肌質なども改善されて、ダイエットの効果も得やすくなると思います。

グルテンフリーの手軽な始め方

グルテンフリーを始めてみたいけど、小麦を完全に断つのはハードルが高いというのが本音ではないでしょうか。

チャレンジしてみたい方は、グルテンを多く含むパン・麺類(蕎麦も十割蕎麦以外は小麦が入っています)などの主食から、まずは控えてみてはいかがでしょうか?

慣れてきたら、パン粉や小麦をまぶす揚げ物などの料理、小麦でとろみをつけるカレーやホワイトソースなどを使う料理などもセーブしていくのがおすすめ。

体質によって合う・合わないはあるので、とりあえず1~2週間やってみて、体調や体型に効果を実感したら続けていくとよいと思います。

グルテンフリーに限らずなにごとも、無理せず、自分のペースで続けるようにしましょう。

ご質問がございましたら、私のInstagram(@yukinyansa)のダイレクトメッセージにご連絡くださいませ。

☆この連載は【毎週火曜日】更新です。次回もどうぞお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

しっかり食べても太らない♪朝からはじめるダイエットレッスン

ダイエットインストラクターによる、食事や運動など朝から始められるダイエットレッスンです。
Written by

ダイエットインストラクター岩瀬結暉

たかの友梨ビューティクリニックに20年勤務。 現在はマツエク・ネイル・美容セミナーサロン「お姫さまのまつげ」代表。 食育アドバイザー、生活習慣病予防アドバイザー、日本ダイエット健康協会 食事指導師講師。
HP:https://www.ohimesamanomatsuge.com/
Instagram:@yukinyansa

連載記事一覧

ヘルス&ビューティーの人気ランキング