簡単3ステップ!ナチュラルなのに目が大きく見えるメイクテクニック

 

おはようございます。メイクやスキンケア・コスメの記事を執筆している、美容ライターでコスメコンシェルジュの稲毛登志子です。

これから毎週「いつでも、いつまでも輝き続ける♪朝のメイクTIPS」をテーマに、メイク初心者の方にも気軽に取り入れられるテクニックや、おすすめのコスメ情報をお届けする予定です。どうぞよろしくお願いします!

さて、メイクで少しでも目が大きく見せられたらいいなと思う人は多いはず。ところが、とっておきのコスメを使って念入りにメイクをしたのに「目が大きく見えるどころか小さく見えてるかも?」…こんな経験はありませんか?

実は、目を大きく見せるメイクは3ステップで簡単にできます。ちょっとしたコツもあわせてご紹介しますね。

コツは「淡い色」を選ぶこと!

アイメイクはブラックが定番カラーですが、目を大きく見せるならブラックよりもブラウンがおすすめです。

ブラックは引き締め効果があるため、もとの目が小粒だとさらに目が小さく見えてしまいます。

ブラウンはやわらかい色味なので、目を大きく見せてくれて仕上がりもナチュラル。

アイライナー見本

今回私が使ったアイテム(アイシャドウ・アイライナー・マスカラ)はすべてブラウンで統一しています。

簡単!3ステップメイク

それでは実際にメイクをしていきます。

【1】アイシャドウ

目元

何色も使ってきれいにグラデーションするのはテクニックが必要ですが、単色のアイシャドウで濃淡をつけるだけでも印象的な目は作れます。

目元

淡く塗りたいアイホールには指でラフに塗り、二重幅と下まぶたにはブラシかチップを使いアイホールよりも少し濃いめに塗ります。

塗り終えたら自然な陰影になるように丁寧にぼかしてくださいね。

【2】アイライン

目元メイク

アイラインはインラインで引くのがおすすめ。

アウトラインでしっかりとラインを引くと目が小さく見えてしまいます。

目元メイク

まつ毛とまつ毛の根元を埋めるようにインラインで描くと黒目がちになり目が大きく見えます。

一気に引こうとするとガタガタになるので、少しずつ描き足していきましょう。

【3】マスカラ

ボテッと力強く塗られたマスカラよりも、軽さのある繊細なまつ毛の方が抜け感があり、実は目が大きく見えます。

マスカラコーム

マスカラを塗った後にコームで梳かすときれいにセパレートするだけでなく、ダマなどによる重さが無くなりカールも長持ちしますよ。

***

いかがでしたか?

ハッキリとした色を使うと目力は上がりますが、目を大きく見せるなら淡色をおすすめします。紹介したテクニックはどれも簡単に取り組めるものばかりなので、ぜひお試しくださいね。

☆この連載は<毎週日曜日>に更新します。来週もどうぞお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

いつでも、いつまでも輝き続ける♪朝のメイクTIPS

コスメコンシェルジュによる朝のメイクTIPS!
Written by

稲毛登志子(コスメコンシェルジュ)

2015年に日本化粧品検定1級を取得後、コスメコンシェルジュとして複数のwebメディアで美容に関する記事を執筆中。「女性はいつでも、いつまでも輝き続けられる」をモットーに情報を発信しています。「メイクって楽しい!」「コレ試してみようかな?」そう思っていただけるような情報を週に一度お届けします。
Instagram:@my_sweet_days_

連載記事一覧

ヘルス&ビューティーの人気ランキング