朝から何となくつらい…梅雨とともにやってくる「名もなき不調」養生法

 

おはようございます。LINEで気軽に相談できるオンライン漢方サービス『わたし漢方』漢方薬剤師 さっちです。不定期で、季節の不調を改善するヒントをお伝えしています。

ジメジメと不快な梅雨の季節になると、朝から「体がだるくて重い…」「肩こりがひどくなる…」「気分が落ち込む…」といった、病院に行くほどでもないけど何となく辛い不調症状でお悩みの方が増えてきます。

今日は、そんな「梅雨時期の不調」について。おすすめの養生法漢方アプローチについてご紹介します。

梅雨時期にやってくる「名もなき不調」って?

原因は湿気?起こりやすい症状とは

梅雨イメージ
梅雨に体調不良が起こりやすい原因は、「湿気」が増えることが一番影響しています。体に「湿」がたまると、むくみ、頭や体が重くなり、頭痛やめまい、疲れやすい、だるいなど、疲労もたまりやすくなってしまいます。

漢方の五行説の考え方では、特に「脾(胃腸機能)」が低下して、食欲不振、吐き気、下痢などが起こりやすくなり、栄養を吸収できずエネルギーが補給できないことで疲れがたまりやすくなってしまうことも関係します。

また、お水が溜まり、冷えが増すことで、関節痛や神経痛が悪化してしまう人もいます。精神面では、気分の落ち込みや、気力の低下が見られるケースもあり、身体だけでなく心にも負担をかけてしまうケースが見られます。



放っておくとどうなるの?

体調不良の女性

梅雨時期の体調不良を放置してしまうと、過酷な暑さの夏を乗り切るパワーが不足してしまいます。

夏になると、冷房の冷えや暑さに対応する体温調節機能や自律神経の働きに、より負担がかかってくるので、パワー不足の状態だと、夏バテ、夏冷え、食欲不振、熱中症などの症状が起こりやすくなってしまいます。

夏を元気に過ごすためにも、梅雨時期に体調を崩さないように対策しておくのがおすすめです。

「梅雨の名もなき不調」の解消法とは?

漢方

梅雨の時期は「湿」が溜まりやすいため、「水滞」体質の人が体調を崩しやすく、水分代謝を良くする生薬が配合された漢方薬が良く使われます。

普段から胃腸が弱い人も注意が必要です。水分や塩分、冷たい物の摂りすぎを避け、除湿対策も行いましょう。

また、冷房で冷えると、寒暖差で体調も崩しやすくなってきますので、お腹を冷やさないこと、薄着を避ける、腹巻を使うなども良いでしょう。入浴により発汗を促すこと、有酸素運動などで代謝を良くすることも意識したい習慣です。

薬膳では、余分な水分を排出するハトムギや小豆などがおすすめ。お茶などで摂取しましょう。暑くなってきて、「熱・湿」の両方が気になる場合は、きゅうり、とうがん、とうもろこしなどを積極的に取り入れてみましょう。

不調タイプ別に見る養生法とは

頭痛の女性

  • めまいや頭痛が起こりやすいタイプ

めまいや立ちくらみ、頭痛、気圧変化で不調を起こしやすいタイプは、水分代謝や血の巡りを良くしたり、のぼせをとる生薬、自律神経を整えていくための生薬が配合された漢方薬がおすすめです。

  • 関節痛や神経痛が気になるタイプ

湿と冷えが痛みを引き起こしやすい人は、温めたり、血の巡りを良くして痛みを和らげる生薬や、水分代謝を良くする生薬などが配合された漢方薬が使われます。

  • 胃腸虚弱お疲れタイプ

日頃から胃腸が弱く、疲れやだるさを感じやすいタイプは、滋養強壮のための生薬や、胃腸の働きを改善し、消化力をあげて、むくみや下痢を改善するための生薬などが配合された漢方薬がおすすめです。

  • 皮膚炎が悪化しやすいタイプ

湿気が増える時期は、細菌も繁殖しやすく水虫が悪化したり、あせもやジュクジュクした湿疹などが起こりやすくなるケースもあります。そういった方には、炎症を和らげたり、解毒作用のある漢方薬がおすすめの場合もあります。

わたし漢方とは

『わたし漢方』は、LINEで身体の悩みを薬剤師に相談すると、自分にあった漢方薬を自宅に配送してくれるオンライン漢方相談サービス。カウンセリングはすべてLINE上で、最初の問診は24時間相談可能。漢方の専門家が直接お悩みにお答えいたします。初回の問診はすべて無料。体質改善の相談と漢方薬の服用を希望する場合は有料プランとなります。

『わたし漢方』ホームページ >> https://www.watashikampo.com/

『わたし漢方』Instagram >> @watashikampo

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

~ゆるっと養生で朝が変わる~ 季節の不調改善コラム

オンライン漢方薬局『わたし漢方』の薬剤師のさっち先生が、 季節の不調改善のヒントを教えます!
Written by

さっち先生(薬剤師)

LINEで相談できるオンライン漢方薬局『わたし漢方』の薬剤師。
「不調とともに生きる女性の毎日を快適にし、やりたいことに全力投球できる手助けがしたい」という想いをもとに、東洋医学に基づいた体質改善の秘訣や健康食の紹介、漢方を取り入れた養生法などをインスタグラム @watashikampo でも公開しています。
わたし漢方:https://www.watashikampo.com/

連載記事一覧

ヘルス&ビューティーの人気ランキング