“Sorry”から卒業しよう!「ごめんなさい」を伝える英語表現3つ

 

毎週金曜日更新!通訳者・翻訳者をネットワークするテンナイン・コミュニケーション「朝時間.jp」のコラボ連載「通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン」。今話題のニュースに関する英語表現、英語や海外に関するトピックをご紹介します♪

ごめんね

“Sorry”から卒業しよう!「ごめんなさい」を伝える英語表現3つ

英語で謝る時、多くの人の頭に浮かぶのが

Sorry.(=ごめんなさい)

のひとことですよね。でも英語には “Sorry” 以外にもいろいろな謝罪の表現があります。今回は相手に謝る時に使える英語表現を紹介します。



My bad.:ごめんね

カジュアルな表現の「My bad(ごめんね)」。ただしフォーマルなシーンや、目上の人に対しては使わないようにしましょう。

例)
A:I forgot to reserve the movie tickets. My bad.(=ごめん、映画のチケットを予約するのを忘れてた)
B:No way!(=うそでしょ!)

It’s my fault.:私のせいだ。

こちらもよく使われる謝罪のフレーズです。

例)
A:I can’t believe I missed that catch. It’s my fault we lost.(=あのキャッチボールを失敗したなんて信じられないよ。負けたのは僕のせいだよ
B:Don’t worry about it. We’ll get them next time.(=心配しなくていいよ。次の機会には必ず勝てるよ)

I apologize.:謝罪します

“It’s my fault.” と “I apologize.” はフォーマルな表現なので、仕事に関する謝罪や目上の人に対する謝罪に使えます。

例)
A:I apologize. I wasn’t able get a reservation at the Italian place.(=申し訳ありません。イタリアンのお店の予約が取れなかったんです)
B:That’s okay. We can try the Chinese restaurant downtown instead.(=それは大丈夫だよ。代わりにダウンタウンの中華料理店に行ってみようよ)

「謝る」といっても、様々な状況がありますよね。いつも “I’m sorry.” ばかりを使うのではなく、ぜひ場面ごとに使い分けてみてください♪

(記事協力:テンナイン・コミュニケーション

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

通訳者さんに教わる♪朝のカンタン英語レッスン

通訳者さんがわかりやすく教えてくれる朝の英語レッスン♪
Written by

テンナイン・コミュニケーション

9000名以上の通訳者・翻訳者をネットワークする通訳エージェント「テンナイン・コミュニケーション」。大手外資系企業や日系企業へ通訳者を派遣。通訳者の育成にも力を入れる。

◆【NEW!】英語でのコミュニケーション力を最短1ヶ月で強化!通訳エージェントが
開発したビジネスパーソン向け英語プログラム「One Month Program」:
https://www.ten-nine.co.jp/onemonthprogram/

◆【NEW!】1ヶ月でTOEIC(r)750点を目指す短期集中TOEIC®特化型プログラム「One MonthProgram TOEIC®」:https://www.ten-nine.co.jp/onemonth-toeic/

◆テンナイン・コミュニケーション:http://www.ten-nine.co.jp/

◆「英語で仕事をする人の応援サイト Hi!Career」:https://www.hicareer.jp/

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング