BBQだけは譲れない、アメリカ男性の話

 

おはようございます♬

シアトルに小さい小さい家を購入してから半年。
雨のシアトルにも短い春がやってきました。

そんなある日、玄関先に大きな大きな箱を持った
2人の男性が…

玄関の扉を外して無理矢理入れてもらった箱を
ウキウキと開封し始めた旦那さん。

このデカすぎる箱の中身… それは

BBQのグリル!!!

アメリカ人男性が家を持ったら
必ず買うと言われている伝説のガジェット
なのでした…

あの大きな箱から1つずつ屋上(4階)まで
運び上げ、嬉々として組み立て終わるまで
要した時間は約1時間。

汗だくなのに妙に清々しい笑顔で
出来たから早く見に来て!と言うので

思わず写真に撮ってしまいましたよ私も。

当初はこんなに小さい家の小さい屋上に
BBQグリルを置くことに断固反対だった私。

「BBQはアメリカ人男子のプライドなの!」
と珍しく譲らなかった旦那さんに根負けして
購入に踏み切ったわけですが

これからは、天気の良い日はこのグリルを使って
何かしら焼くのであろう旦那さんに
期待したいと思ったとある春の朝でした。

みなさま、どうぞSweetな1日を♡

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

世界の朝の人気ランキング