おはようございます♬

コロナ禍、WFH(Work From Home=在宅勤務)
狭いアパートのさらに狭い寝室で半年強…

旦那さんが言いました。
こうなったら思い切って家を買いましょう。
こんな狭いところで来年の夏まで仕事なんて
もううんざりだ!

もううんざりだI’m tired of this.で充分
「うんざり感」が伝わってくるというのに
I’m sick and tired of this.

SickもTiredも両方使っているあたりで
本気度が伝わってきます。

 

 

そんなわけで、去年の年末は
アメリカで初めての家購入プロセスを
リアルに体験していたため
記事の更新が滞っていましたごめんなさい。

 

年末に引っ越しが終わっても
掃除に整理に、修繕などやることがあり過ぎて
食事はデリバリーサービスに頼ることが多かった
そんな我が家もやっと落ち着いてきたので

この2~3年、我が家でずっと話題になっていた
バルミューダの例のトースターを購入することに。

じゃじゃーん。

正式名称はBALMUDA The Toaster
文字通りパンをトーストするために
作られたこのトースター

こんな感じで焼く前に5ccのお水を投入して
まず蒸気で焼く(しっとりもちもちの秘密はこれらしい)

残りの時間で一気に高温で焼き上げ
(こっちがカリっと感の秘密みたいです)

外はカリっと中はもっちりの
トーストが出来上がりってきます。

ここに最近お気に入りのモンブラン風味の
スプレッドを付けて食べるのがお気に入り♡

 

朝、早く起きてコーヒーを淹れながら
(余談ですがエスプレッソマシンも新調しました)
旦那さんが作った日本風の食パンを
このトースターで焼いて食べる時間。

朝時間のクオリティが上がりました。よし!
今日もがんばろう♬

 

さあ2021年は節約&勤勉の1年にしていこう。
このトースターのおかげで
新年の抱負もできたころで、そろそろお開きに。

まだまだ世界中がコロナで大変な時期ですが
みなさまできるだけ日々の暮らしの中で
自分だけのSweetを見つけられますように…

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

世界の朝の人気ランキング