「オフィス街」を2単語の英語で言うと?

 
毎日更新!英語を聞いて学べる「コスモピアeステーション」とのコラボ連載「1日1つずつ覚えよう!朝のひとこと英語レッスン」。「結果オーライ」「既読スルー」「歩きスマホ」…など、おなじみの日本語表現を英語で表す解説を読んで、英語のパラフレーズ(言い換え)スキルを磨きましょう♪

オフィス街

「オフィス街」を2単語の英語で言うと?

日本語の「昼食難民」を説明する英文から、覚えておきたい英語表現やキーワードをチェック!

Chushoku-nanmin means people who wander the streets around their offices at lunchtime, looking for a restaurant.
(「昼食難民」は、飲食店を探して職場の付近をさまよう人々のことです)

Chushoku means “lunch,” and nanmin means “refugee.”
(「昼食」はlunch、「難民」は refugeeを表します)

In the business districts in big Japanese cities, huge numbers of office workers go out for lunch at the same time, but there aren’t enough restaurants to accommodate all of them.
(日本の大都市にあるオフィス街では、昼休みに大勢のサラリーマンがいっせいに昼食を取りに出てくるのに、彼らを全員収容できるだけの飲食店がないのです)

So, many people end up roaming around looking for a place to eat.
(そのため、多くの人たちが食べる場所を求めてさまようはめに陥ります)

出典:コスモピア eステーション『英語でパラフレーズ』

Pick up!キーワード

  • wander:さまよう
  • refugee:難民
  • business district:オフィス街、ビジネスエリア
  • office worker:サラリーマン、会社員
  • accommodate:収容する
  • end up ~ing:結局~することになる
  • roam:さまよう、歩き回る

「オフィス街」は「business area」「office area」と表現することもできます。また、似た表現に「commercial district(=商業地区)」があります♪

☆日本語を英語で言い換える練習で、英語力を磨きましょう!明日のレッスンもお楽しみに!

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

1日1つずつ覚えよう!朝のひとこと英語レッスン

毎朝1つずつ覚えたい英語の使えるフレーズをご紹介♪
Written by

編集部(協力:eステ)

【英語トレーニングWebサイト】https://e-st.cosmopier.com/

コスモピアeステーション(eステ)』は、オンラインベースの語学学習プラットホームです。
シャドーイングをメイントレーニングに捉えた「英語聞き放題コース」や、やさしい英語をたくさん読む多読ができる「英語読み放題コース」のほかに、オンライン英会話のネイティブキャンプさんとのプロジェクトで、聞く・読む・話すがすべてトレーニングできる「英語話し放題コース」も好評展開中です。

連載記事一覧

今日の朝の人気ランキング