We Got This Seattle♡がんばろうシアトル

 

おはようございます♬

先日のニュースで日本も緊急事態宣言が発せられ
政府が外出の自粛を要請したと耳にしました。

みなさまいかがお過ごしですか?

 

私の住んでいるアメリカでは
ヨーロッパの厳しいロックダウンから少し遅れて
各州が各々のタイミングで緊急(非常)事態を宣言。

緊急事態』は英語で『State of Emergency
緊急(非常)事態宣言は、英語でdeclaration of a
state of emergency、と表記します。

 

前回の記事でもご紹介しましたが
それがたとえ自分で選んだ政府であっても
誰かに何かを強制されるのが大嫌いなアメリカ人

ロックダウン(Lockdown)という響きが
強制力を感じさせるので
これまた各州、頭を捻って色々な言い方で
外出を制限する法令を発していました。

ここシアトルのあるワシントン州は
『Stay Home Stay Healthy』という名称。

要するに、Stay Home=家に居て
Stay Healthy=健康を保ちましょう、という意味。
少しイメージが和らぎますよね。

 

長い長い鬱々とした雨の日々が終わって
シアトル市民が心待ちにしていた太陽が顔を出す
そんな時に「家にいてください」と言われるのは
いくら普段内向的で大人しいシアトル人でも
少し厳しい…

そんな中、世界的なこの危機を
地域に住む住民たちが一体となって乗り切るため
シアトル市長が掲げたスローガンが

『We Got This Seattle』
  #WeGotThisSeattle 

意味は、敢えてこう訳そうと思います。
がんばろうシアトル

 

We got this.は、とてもすごく素敵な言葉で
私たち(が一緒)なら出来るよ!とか
(一緒に)やったろうぜ!なんてときに使う言い方。

自分たちの可能性を信じて一緒にがんばったら
きっと実現できる♬と相手も自分もそこにいる
みんなを励ますことができるフレーズ。

 

そんな市長のスローガンをハッシュタグを付けて
SNSに投稿するのが今流行り。

シアトルのランドマーク・スペースニードルも
タワーのてっぺんに #WeGotThisSeattle をUP!

うちから少し遠いのと風がちゃんと吹かなくて
うまい具合に写真が撮れないのですが

写真、ご覧になりたいって方は
こちらの記事からご確認いただけます♡

 

 

そして悲しいことに、日本と違って
街に人がいなくなると
よくないことが起こるのがアメリカ。

通りに人が少ない=目撃者が減る
お店が開いていない=店内にはお酒や現金が?

というバカげた法則の元
いつもより強盗の件数が増えてしまうんです…涙

そんなわけで休業を決めたお店は
窓ガラスを割って強盗が入ってこないように
窓や玄関ドアにベニヤ板を打ち付けて
お店を保護し始めています。

家にずーっといて気が付くと食べてばかりの私。

『Stay Home Stay Healthy』は
健康維持のためのジョギングや散歩はOKなので
毎朝、近所を散策しているのですが

最近の楽しみは2つ。

このベニヤ板に、素敵な絵が描かれている
お店が日に日に増えているのでそれを探すこと。

今日はご近所の日本食レストランadanaのベニヤ。

そしてもう1つが、全米の様々な街で
見かけるのでは?と思われる
『アスファルトに描いた落書き』を探すこと。

猫が「私たちはきっと大丈夫」って言ってるやつ

『休憩用の木』と矢印があるやつ

確かにこの木。
よく子供たちが登って太い枝に座ってたり
近所のご夫婦がここで休んだりしているの
よく見かけるんです。

今度私も登ってみようかな 笑

 

厳密には落書きではないんだけど
通りにこんなものが落ちていてよ〜く見ると

カップに貼り紙「Tip if u think we have sick
Voley ball.      money ↑↑」
バレーボールがかっこいいって思う人はチップを
(お金はこちら↑↑)

多分、近所の子供が書いたもの。

散歩の行きも帰りもカップをのぞいてみたけれど
誰もチップを入れていなかったので
バレーボールはそこまで好きではないけれど
とりあえず50セントほど入れておきました 笑

他にも、窓にたくさんのテディベアを飾って
通りを歩く子供たちに見つけてもらう試みや

私の住むエリアでは消防車が、全ての通りを
ゆっくり通って子供たちが窓から覗いていたら
ベルを鳴らすなんてこともありました。
(日本だとうるさいって苦情が来そうだけど…)

不要不急の外出を避ける。
これが1か月以上も続いているとなんだかんだと
気持ちが落ち込むこともあるんだと思います。

そんな中、道ゆく人たちを笑顔にしてくれる
小さなアーティストたちへの感謝を込めて。

 

朝時間をご覧の皆様、今が辛抱のしどころです。
We Got This!一緒に頑張りましょう。
皆様がSweetな1日を過ごせますように♡

 

この記事を書いた人
Nice to meet you!

【アメリカ・シアトル】Sweet Morning Delivery from Seattle

米国・シアトル在住レポーターから届くシアトルの朝時間
Written by

はらだちほ(アメリカ在住)

(アメリカ・シアトル 滞在中)

会津若松で生まれ 夢の『海外での大学生活』に破れ上京。 インド〜ネパールに学生時代を捧げ TV→広告代理店→コスメ→IT企業と転職 合間に旅を重ね、震災を機に会津へ戻り、 復興イベントなどを手掛け、 新たな舞台に相応しいのかシアトルへ。 暮らすように旅して、旅するように暮らしてます♪

連載記事一覧

世界の朝の人気ランキング